多くの海外セレブも訪れるMORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderlessで、冬が感じられる展示が開催中! 冬休み期間は営業時間も延長。(フロントロウ編集部)

チームラボボーダレス、冬限定作品を公開

 ジャスティン・ビーバーヘイリー・ビーバー夫妻やキム・カーダシアンカニエ・ウェスト一家など、多くのセレブが来場することでも有名なチームラボボーダレス。

 来日のたびに足を運ぶセレブも多いように、チームラボボーダレスに何度も行きたくなる理由の1つには、常設展示に加えて、シーズンごとに変わる展示の存在も。

 2019年のウィンターシーズンには、絵を描くことが好きなアートラバーの心を掴んだ「お絵かきクリスマス」が去年に引き続きチームラボボーダレスに登場。11月15日から12月31日にかけて開催中の「お絵描きクリスマス」では、 自分が命を吹き込んだサンタクロースたちが壁に映し出される雪の降る街にソリに乗ってやってくる。さらに、サンタクロースは触るとプレゼントを配ってくれるなど、街は触ることでも変化する。

画像1: チームラボボーダレス、冬限定作品を公開

 また、多くのランプで埋め尽くされたインスタ映えの定番スポット「呼応するランプの森」には、真っ赤な炎の色彩がコンセプトの「Flame」、そして氷の洞窟のような「氷洞(アイスケイブ)」が作られ、冬の息吹を写真に収めることができる。

画像2: チームラボボーダレス、冬限定作品を公開

 まるで悠久の里山にいるかのような気分になれる「地形の記憶」では、寒椿やスイセンが咲き、粉雪が降る景色のなかを人々が駆け回ることで、風の流れが変わり花びらが散る。誰しもの心にある“日本”を体験できる場所となっている。

画像3: チームラボボーダレス、冬限定作品を公開

 一休みできるティーハウス「EN TEA HOUSE 幻花亭」では、佐賀県嬉野市でつくられた香り高いお茶と、凍結玉緑茶(玉緑茶のアイスクリーム)から無限に作品が描かれ続ける世界を体感することができる。

画像4: チームラボボーダレス、冬限定作品を公開

 冬休み期間である12月21日から1月5日までは、10時から21時まで開館時間を延長しているチームラボボーダレス。冬休みには、全身にアートを浴びて心に刺激を。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.