Photo:ニュースコム、©NEW LINE PRODUCTIONS / Album/Newscom
Amazonプライム・ビデオで制作中のドラマ『ロード・オブ・ザ・リング』の正式キャストが発表された。(フロントロウ編集部)

『ロード・オブ・ザ・リング』の人気ぶり

 『指輪物語』としても知られる『ロード・オブ・ザ・リング』は、1900年代初期に活動した小説家J・R・R・トールキンによる3部作のファンタジー小説。その人気は絶大で、世界中の様々な国の言葉で翻訳されており、現在でも広く愛され続けている。

 2001年~2003年にわたって公開された映画版『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズは世界的に最も成功した三部作となり、その興行収入は『スター・ウォーズ』オリジナル3部作や『ゴッドファーザー』オリジナル3部作を超えた。

 また、シリーズ完結編となる『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』は2003年のアカデミー賞で11部門にノミネートされ、その全てを受賞するという快挙を達成。

画像: ©NEW LINE CINEMA/THE SAUL ZAENTZ COMPANY/WINGNUT FILMS / Album/Newscom

©NEW LINE CINEMA/THE SAUL ZAENTZ COMPANY/WINGNUT FILMS / Album/Newscom

 キャストには、アラゴルン役でヴィゴ・モーテンセン、フロド・バギンズ役でイライジャ・ウッド、ガンダルフ役でイアン・マッケラン、レゴラス役でオーランド・ブルームなどが出演した。

 そんな大人気の本作が、Amazonプライム・ビデオによってオリジナルドラマとして戻ってくる。

今度の『ロード・オブ・ザ・リング』はドラマ!

 『ロード・オブ・ザ・リング』は、Amazonプライム・ビデオによってドラマシリーズが制作中。その製作費はなんとテレビドラマ史上最高額の約1,000億円(10億ドル)だと言われている。

 米Business Insiderのインタビューによると、米Amazon Studiosのマーケティング代表、マイケル・ベンソン氏は本作について「ファンが期待する忠実さを維持していきたい」と語っている。

 まだ詳しいストーリーは発表されていないが、ドラマ版『ロード・オブ・ザ・リング』公式ツイッターがつぶやいた情報から、物語の舞台は『指輪物語』の第2期に破壊され海に沈められたヌーメノール(西方国)なのではないかと言われている。

 もしそうだとしたら、本作は映画版『ロード・オブ・ザ・リング』のずっと前の話となる可能性が高い。

ドラマ版『ロード・オブ・ザ・リング』気になるキャストは?

 本作のメインキャストは、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の最終シーズンで若かりし頃のネッド・スタークを演じたイギリス人俳優のロバート・アラマヨ、映画『ホテル・ムンバイ』のナザニン・ボニアティ、ドラマ『ハード・サン 滅亡の機密ファイル』のオワイン・アーサー。 

画像: ロバート・アラマヨ(左)、ナザニン・ボニアティ(中央)、オワイン・アーサー(右) ©RAW TELEVISION / Album/Newscom、©FILM PRODUCTION CONSULTANTS/METRO-GOLDWYN_MAYER/PARAMOUNT / Album/Newscom

ロバート・アラマヨ(左)、ナザニン・ボニアティ(中央)、オワイン・アーサー(右) ©RAW TELEVISION / Album/Newscom、©FILM PRODUCTION CONSULTANTS/METRO-GOLDWYN_MAYER/PARAMOUNT / Album/Newscom

 さらに、『ガンズ&ゴールド』のトム・バッジ、『クロール ‑凶暴領域‑』のモーフィド・クラーク、『ミス・リベンジ』のイスマエル・クルス・コルドバ、『ザ・パッション』のジョゼフ・マウルなども参加。

 Amazonプライム・ビデオによるドラマ版『ロード・オブ・ザ・リング』は、2020年2月から制作が開始される予定。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.