アイシャドウのカラー選びは、メイクのなかでもワクワクする楽しいステップ。けれど、アイシャドウのカラーのなかには、じつは難易度が高いカラーがあるという。逆にほとんどの人に似合う安心カラーも。それは一体どの色なのかチェック。(フロントロウ編集部)

避けたほうが無難なアイシャドウカラーは?

 ほとんどの人にとって似合いにくく、避けたほうが無難なアイシャドウカラーは、なんとアイスブルー、グレーといった定番の人気カラー

画像: 避けたほうが無難なアイシャドウカラーは?

 決して珍しい色ではないため意外だけれど、メイクアップアーティストのリー・パイクロフトは、「ほとんどの人は、メタルのようなグレーやアイスブルーのような冷たい色は避けたほうがいい」と米メディアsheerluxeにコメント。

 こういった寒色系のカラーはクールな目元を演出できるけれど、肌になじみにくく、浮いて見えやすく、古臭いメイクに見えてしまう可能性があるそう。また、目元の浮いた血管やシワなどの欠点も目立たせやすいので、メイクで上手に取り入れるのはじつは難しいカラーだという。

誰もが似合いやすい安心アイシャドウカラー

 リーは、アイスブルーやグレーとは逆に、迷ったときに選んだら間違いないという安心アイシャドウカラーを紹介。それは、コッパーやトープ、ブロンズなどの赤みのある茶系カラー

画像: 誰もが似合いやすい安心アイシャドウカラー

 リーは、「温かみのあるコッパー系のアイシャドウパレットをチェックしてみて。とても良いの。コッパー系のアイシャドウパレットには、クリームからトープ、ブロンズまでの色合いが入っているでしょ。こういうカラーバリエーションは、ほとんどの人に似合う」とオススメ。

 肌になじみがいいので取り入れやすいうえ、リーいわく、まぶやた目尻の細かいシワが目立ちにくいカラーでもあるという。そのため暖色系で肌なじみの良いカラーには、若々しく見せてくれる効果もあると話した。

 新しいアイシャドウを買うときや、どの色を選ぶか迷ったときは、ぜひ参考にしてみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.