DCコミックスが原作の最新映画『ザ・バットマン(The Batman)』のマット・リーヴス監督が、主人公を演じるロバート・パティンソンの“バットマンスーツ”を着用した姿を初公開した。(フロントロウ編集部)

ロバートによる新生バットマン

 DCコミックスの人気キャラクターであるバットマンの新たな映画『ザ・バットマン』のカメラテストの映像を、マット・リーヴス監督が公開。主人公のブルース・ウェイン/バットマンを演じるロバート・パティンソンがバットマンスーツを着た姿が初めて公表され、新たなバットマンの誕生にファンの心を躍らせている。

 55秒のカメラテストの映像は、『Mr.インクレディブル』や『ミッション:インポッシブル3』などのヒット映画の音楽を担当した作曲家のマイケル・ジアッチーノによる音楽が印象的。重低音が響く音楽が徐々に盛り上がると、ロバート扮するバットマンが暗闇からゆっくりと登場。

画像: Twitter/Matt Reeves

Twitter/Matt Reeves

 バットマンスーツのエンブレムからロバートの顔に動くカメラワークを担当したのは、クリスチャン・ベール主演映画『バイス』や『スター・ウォーズ』のスピンオフドラマ『マンダロリアン』を撮影した撮影監督のグリーグ・フレイザー。

 若きブルース・ウェインがバットマンとして覚醒するまでの葛藤が描かれるという映画『ザ・バットマン』は、2021年6月25日の全米公開を目指して現在撮影が行なわれている。

 『ザ・バットマン』には、ロバートのほか、映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのアンディ・サーキス、『ファンタスティックビースト』シリーズのゾーイ・クラヴィッツ、『ニュースの天才』のピーター・サースガード、ドラマ『ウエストワールド』のジェフェリー・ライト、そして『ダンボ』のコリン・ファレルの出演が決まっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.