バレンタインにおすすめの一曲!ラテン発の大人気グループCNCOが、配信限定EP『ケ・キエネス・ソモス』を世界で唯一日本でだけアルバムとして発売。同作で特別に、清水翔太のヒット曲「My Boo」を日本語×スペイン語×英語でカバー。ツイッターの世界トレンド入りするほどの話題になっている。(フロントロウ編集部)

ラテンの色気が人気!肉食系ボーイズグループCNCO

 平均年齢22歳のCNCO(シーエヌシーオー)は、ボーイズグループでありながら、ミュージックビデオでは女性たちと濃厚からみ有り、ファンとはボディタッチや寸止めキス有りと、ラテン系男子の色気でグイグイいく肉食男子ぶりが人気の5人組。

画像: ©CNCO

©CNCO

 デビューした2016年にシングル「恋のレゲトン・レント」が動画再生15億回越えの大ヒットを記録したCNCOは、ラテン音楽がカントリーやEDMの人気を超えるほどの大ブームになっているアメリカのラテンチャートで、アルバム2作連続で1位を獲得(※)

※音楽データ集計会社BuzzAngleが発表した、2017年12月~2018年12月のアメリカでの音楽消費データ(購入とストリーミング視聴)より。ラテン音楽はR&Bに次いでトップ5にランクインし、その後にカントリーとEDMが続いた。

画像: 2019年のラテン・アメリカン・ミュージック・アワードでは最優秀ポップアーティストと最優秀デュオ/グループ賞の2冠に輝いた。

2019年のラテン・アメリカン・ミュージック・アワードでは最優秀ポップアーティストと最優秀デュオ/グループ賞の2冠に輝いた。

 ビルボード・ラテン・ミュージック・アワードやラテン・アメリカン・ミュージック・アワードなどでも新人賞を含む多数の賞を受賞。米Billboardが発表した2019年の年間トップラテンアーティストのランキングでは、エンリケ・イグレシアスを超えてトップ40にランクインした。

画像: 2019年には、ジェイ・Zによる音楽配信サービスTidalの毎年恒例のチャリティコンサートにアリシア・キーズなどと肩を並べて出演。

2019年には、ジェイ・Zによる音楽配信サービスTidalの毎年恒例のチャリティコンサートにアリシア・キーズなどと肩を並べて出演。

CNCOが清水翔太の「My Boo」カバー!世界トレンド7位に

 そして今回、世界のラテンミュージック・ブームの最前列に立つCNCOが、清水翔太の大ヒット恋メロ「My Boo」をカバー。

画像: 「My Boo」が収録されているアルバム『ケ・キエネス・ソモス(ジャパン・エディション)』

「My Boo」が収録されているアルバム『ケ・キエネス・ソモス(ジャパン・エディション)』

 オリジナルの日本語歌詞のほか、「君のキスは他の誰とも違うんだ/君が足りなくて まるで酸欠のような状態」「ほら心拍数が上がっていくよ/どんどん 見れば見るほど/だってセニョリータ、その顔は/まるで天から舞い降りてきたみたいだ」といった、ラテン男子らしいセクシーな愛の囁きがスペイン語で楽しめるCNCO版「My Boo」。同曲はリリースされると世界中で話題になり、なんと、「My BOO BY CNCO」がツイッターの世界トレンド7位に!

 オリジナルを歌った清水翔太も「原曲の良さは活かしつつ新しい「My Boo」になっているのがすごく嬉しかった」と評価している。

画像1: 恋メロ「My Boo」を動画再生15億回の『肉食系ラテン男子』CNCOがカバーするとこうなる

My Boo tu me besas como nadie( My Boo 君のキスは他の誰とも違うんだ)
Me haces falta como el aire( 君が足りなくて まるで酸欠のような状態)
Cuando menos lo esperaba( 思いがけないときに)
Encontré lo que buscaba( 探していたものが見つかった)

My Boo I’m so happy
De lunes a lunes yo te quiero junto a mí( 月曜から次の月曜まで 僕の隣にいてほしい)
Contigo siempre, yo para siempre quiero estar( いつだって一緒にいたい ずっと永遠に)
Ooo my Boo

Se me acelera, como si nada( ほら 心拍数が上がっていくよ)
Mi corazón, bum bum con cada mirada( どんどん 見れば見るほど)
Es que Señorita, con esa carita( だってセニョリータ、その顔は)
Parece que cayo del cielo( まるで天から舞い降りてきたようだ)

Qué fue lo que me hiciste? No se( いったい僕に何をしたの? どういうわけか)
Pero dormido vi a tu nombre( 眠っているときも 君の名が見えた)
También quieres verme, lo se( 君だって僕に会いたいんだろ)
Tú solo dime cuándo y donde( さあ教えてくれ いつどこに行けばいいか)

※CNCO版「My Boo」より歌詞一部抜粋/対訳:矢岸礼子(Lively Up)

 バレンタインの季節にぴったりのCNCO版「My Boo」は、2月12日に日本限定で発売されたアルバム『ケ・キエネス・ソモス(ジャパン・エディション)』に収録されている。

 全11曲入りの『ケ・キエネス・ソモス(ジャパン・エディション)』には「My Boo」以外にも、ティーン・チョイス・アワード2019でベスト・ラテン・ソング賞を受賞した「プリテンド」、メンバーたちが元カノと5人5色のキスを交わすMVが話題になった「デ・セロ」、メーガン・トレイナーやショーン・ポールとの豪華コラボ曲「ヘイDJ (Remix)」など、注目曲がいっぱい。「My Boo」と共に、今のラテンブームの中心にいるCNCOの曲をチェックして。

画像2: 恋メロ「My Boo」を動画再生15億回の『肉食系ラテン男子』CNCOがカバーするとこうなる

CNCO 日本限定アルバム
『ケ・キエネス・ソモス(ジャパン・エディション)』
発売中(2月12日)
SICP-6197/2,200円+税/歌詞・対訳・解説付き
アルバム再生・ダウンロードはコチラ

収録曲
1. My Boo  <清水翔太「My Boo」カバー> 新曲★
2. デ・セロ
3. ペガオ with マニュエル・トゥリーゾ
4. ケ・ヴァ・ア・セール・デ・ミ
5. ラ・レイ
6. ヤ・トゥ・サベス
7. デ・ミ
8. トキシカ
9. プリテンド  ★☆
10. ヘイDJ(リミックス)with メーガン・トレイナー & ショーン・ポール ★☆
11. ジェガステ・トゥ with プリンス・ロイス  ★☆
★ボーナストラック ☆配信限定シングル

(フロントロウ編集部)

Sponsored Article

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.