ラッパーのカーディ・Bが、アメリカで大人気のK-POPグループ「防弾少年団(BTS)」のJ-HOPEとRMに「仕事を取られた」と嘆いたワケとは?(フロントロウ編集部)

カープール・カラオケにBTSが初参戦

 映画『キャッツ』など俳優としても活躍するジェームズ・コーデンが司会を務めるトーク番組『The Late Late Show(ザ・レイト・レイト・ショー)』の人気コーナー「カープール・カラオケ(Carpool Karaoke)」に、アジアのみならず、アメリカやヨーロッパといった欧米でも絶大な人気を誇るボーイズグループ、防弾少年団(BTS)が出演。

画像: カープール・カラオケにBTSが初参戦

 「カープール・カラオケ」は、毎回、ジェームズが助手席に人気アーティストをゲストに迎え、主にロサンゼルス市内をドライブしながらカラオケをしたり、他愛もないトークを繰り広げたりするコーナーで、これまでにジャスティン・ビーバーセレーナ・ゴメス、今年のグラミー賞で主要4部門を制覇したビリー・アイリッシュといった、数多くのスターがゲスト出演を果たしている。

 ジェームズが運転する車に7人全員で乗り込んだBTSは、大ヒット曲「マイクドロップ(MIC Drop)」やニューアルバム「マップ・オブ・ザ・ソウル:7(Map of the Soul: 7)」に収録されている新曲のほかに、ポスト・マローンのヒット曲「サークルズ(Circles)」やドラマ『フレンズ』のテーマソング「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー(I'll Be There For You)」など、幅広いジャンルの楽曲を熱唱。

 なかでも反響が大きかったのが、シンガーのブルーノ・マーズとラッパーのカーディ・Bのコラボ曲「フィネス(Finesse)」を披露したシーンで、番組の公式ツイッターがアップした動画にはなんと40万件以上の「いいね」が。

 ちなみに、動画を見たブルーノ本人も、ツイッターを通じて「みんなありがとう」というコメントを寄せている。

カーディが危機感を覚える!?

 ブルーノ同様、カーディもハートの絵文字を投稿して当初は好意的な反応を見せていたが、J-HOPE(ジェイホープ)とRM(アールエム)が、カーディのラップパートに出てくる、「私の大きなお尻が男子全員をその気にさせちゃった」というフレーズをノリノリで歌うシーンがバズっていることを知ると態度が一変。

 「私はホームレス。なぜなら、J-HOPEとRMに仕事を取られたから」と自虐的にコメントし、危機感を覚えるほど2人のパフォーマンスが良かったことを遠まわしに認めた。

HobiはJ-HOPE、JoonはRMのニックネーム。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.