これまでディズニーランドにミッキーマウスが主役の乗り物がなかったワケとは?その理由について、ディズニーの担当者からなかなかシビアな回答が…。(フロントロウ編集部)

ついにミッキーマウスの乗り物が誕生

 米現地時間3月4日、フロリダ州オーランドに広大な敷地を構える世界最大のディズニーリゾード、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにあるディズニー・ハリウッド・スタジオに、新アトラクション「ミッキー&ミニーのランナウェイ・レールウェイ(Mickey & Minnie’s Runaway Railway)」がオープンした。

画像1: Photo:©︎Disney

Photo:©︎Disney

 ディズニーランドの65年(※)の歴史のなかで、ミッキーマウスが主人公の乗り物ができるのはじつは今回が初めて。ゲストは、ミッキーとミニーが主役の映画『パーフェクト・ピクニック』のプレミア上映に招待されるもひょんなことからスクリーンの中に入り込んでしまうという設定で、グーフィーが運転する機関車に乗ってミッキーとミニーのピクニックに同行することになるのだが、様々なハプニングに遭遇することに…。
※1955年にカリフォルニア州アナハイムに世界初のディズニーランドがオープン。

画像2: Photo:©︎Disney

Photo:©︎Disney

 3Dやさらには4Dが主流のなか、ミッキー&ミニーのランナウェイ・レールウェイは「2Dアニメの世界に入る」をコンセプトに、ディズニーがオープン当初から導入してるオーディオアニマトロニクスや最先端のテクノロジーを駆使して、その世界観を表現している。

今までミッキーマウスの乗り物がなかったワケ

 ミッキーマウスといえば、ディズニーランドの創設者であるウォルト・ディズニーが作ったキャラクターで、ディズニーランドを象徴する存在。にもかかわらず、彼が主役の乗り物ができるまでになぜ65年もかかってしまったのだろうか?

画像: 今までミッキーマウスの乗り物がなかったワケ

 ミッキー&ミニーのランナウェイ・レールウェイの開発者の1人であるケヴィン・ラファティ氏は、その理由を公式インタビューのなかでこう説明している。

「ミッキーとミニーは特定の場所から来たわけでもなければ、特定の仕事(役目)もありません。たとえば『アナと雪の女王』のアナとエルサはアレンデールに暮らしています。そして彼女たちにはプリンセスという役目があります。それと一緒で『カーズ』のラジエーター・スプリングスに行くと、メーターはレッカー車、ライトニング・マックイーンはレーサーという役目がありますが、ミッキーとミニーは様々な世界にいて、様々な役目を担っています。だからこそ逆にアトラクションの要となるストーリーや世界観を表現するのが難しいのです」

 たしかに思い返してみれば、ミッキーはショートフィルムのなかでいつも違う世界にいて、毎回のように新しい仕事に就いている。作品によってころころと仕事が変わるため、アトラクションを作る時に重要になってくるバックグラウンドストーリーに欠けているのだ。これほどアイコニックなキャラクターなのに、「特定の仕事(役目)がないから」というなかなかシビアな理由で、アトラクションを開発する技術者を悩ませる存在であったことから、ミッキーが主役の乗り物が誕生するまでに65年もの時間がかかってしまったということのよう。(フロントロウ編集部)

※この記事は公開後に一部内容を修正しました。

This article is a sponsored article by
''.