大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』でダリルを演じるノーマン・リーダスが、撮影現場を「焼き落とす」と脅迫した理由とは?(フロントロウ編集部)

『ウォーキング・デッド』ダリルの今後に言及

 大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』では、初期シーズンから活躍していた人気キャラクターが殺害されて、演者が番組を降板することが多い。シーズン1から現在放送中のシーズン10までを振り返って見ると、同ドラマからは多くの名キャラクターを演じた俳優陣が惜しまれつつも同作を卒業。シーズン9では、主人公のリック・グライムズ役アンドリュー・リンカーンが降板し、ファンを驚かせた。

画像: 『ウォーキング・デッド』ダリルの今後に言及

 そんななか、シーズン1からダリル・ディクソンを演じ、今も主演としてドラマを引っ張り続けているノーマン・リーダスが、先日出演したトーク番組『コナン(Conan)』で、自身のキャラクターの今後についてこう答えた。

 同番組で、司会者コナン・オブライエンから「もし君(のキャラクター)が明日で殺されると言われたらどうする?」と質問されると、ノーマンは即答で「セットを焼き落とすよ」と冗談交じりに発言。

 ダリルを殺されたくないという思いから、セットを焼き落とすと口にしたノーマンに、コナンは「制作陣はさぞかし君を怖がっているだろうね」と話すと、ノーマンは「毎日ライターを持っておくよ」と、ダークなジョークを連発した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.