気になる“ニキビ跡”や“シミ”などをメイクの力だけで徹底的に隠す2つのコツを海外のメイクアップアーティストたちが伝授。(フロントロウ編集部)

気になる「シミ」や「ニキビ跡」

 ついつい気になってしまう、ニキビ跡、シミ、くすみなどの肌トラブル。普段はあまり隠さずナチュラルメイクを楽しむのも素敵だけれど、記念撮影や特別なイベントなどはできるなら肌トラブルをキレイに隠して、完璧なベースメイクに仕上げたいもの。

画像: 気になる「シミ」や「ニキビ跡」

 そこで今回はニキビ跡やシミなどの色ムラ、色素沈着をキレイにカバーするために知っておきたい2つのコツを海外のメイクアップアーティストたちが紹介。自分でやっても上手く隠せないと言う人は、ぜひチェックしてみて。

コツ1.コントロールカラーは「オレンジ」

 コントロールカラーと言われると、赤みを隠す「グリーン」やくすみを緩和する「パープル」などを想像しがちだけれど、メイクアップアーティストのレイチェル・ショートによると、最も理想的な色は、なんと「オレンジ」だという。

画像: コツ1.コントロールカラーは「オレンジ」

 というのも、グリーンやパープル、ブルーなどのコントロールカラーは意外と扱いが難しく、失敗すると白浮きしたり血色が悪く見えたりと、かえって色ムラを助長することがあるからと米メディアMakeup.comで説明。

 それに比べてオレンジは肌の色に近いカラーのため、クマやくすみなどの青みを打ち消してくれるのはもちろん、赤みが残る色素沈着したニキビ跡にも効果を発揮するとレイチェルは言う。

コツ2.コンシーラーは「暗め」を選ぶ

 目の下のクマを隠したい場合は、もちろん明るめのコンシーラーがオススメだけれど、ニキビ跡やシミなどの色素沈着を隠したい場合は、プロいわく実は「ワントーン暗め」のコンシーラーがいいそう。

画像: コツ2.コンシーラーは「暗め」を選ぶ

 シンガーのリアーナが手がけるコスメブランド「フェンティ ビューティー」のグローバルメイクアップアーティストのヘクター・エスピナルは「あえてファンデーションより暗めのコンシーラーを塗ることで肌の色ムラが自然にカバーでき、シームレスな仕上がりになる」と米メディアGlomourでアドバイス。

 またもう少しカバー力が欲しい場合のコツとして、ヘクターは「はじめにコンシーラーをその場に塗り、スポンジになじませた後、ファンデーションを重ね、さらにコンシーラーを塗って仕上げるのがオススメ」と明かした。 

 最後に気をつけたいのが、ファンデーションやコンシーラーのつけすぎ。隠したいあまりベタベタと大量に塗ってしまうとヨレやメイク崩れの原因になるため、なるべく少なめに、賢く塗るのが成功の秘訣。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.