ともにシンガーのショーン・メンデスとカミラ・カベロが、隔離生活中の運動不足を解消するために散歩しているところを目撃された。(フロントロウ編集部)

リラックスした雰囲気で仲良く散歩

 昨年6月にリリースした「セニョリータ(Señorita)」でコラボしたのがきっかけで交際に発展したショーン・メンデスカミラ・カベロが、米フロリダ州マイアミで散歩をしているところをカメラがキャッチした。
 

画像1: リラックスした雰囲気で仲良く散歩

 ご存じの方も多いと思うが、アメリカ国内での新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛要請をうけて、現在、ショーンとカミラは一緒に隔離生活を送っている。当初、2人はアメリカよりも感染者の数が圧倒的に少ないショーンの母国カナダにいるものと思われたが、どうやらカミラの地元であるマイアミに滞在しているよう。

画像2: リラックスした雰囲気で仲良く散歩

 お互いビーチ帰りのようなラフな格好で、手にマグカップを持って道をぶらぶらと歩くショーンとカミラ。交際から半年以上が経過してもラブラブぶりは健在のようで、ショーンがカミラの頭を自分のほうにぐいっと引き寄せて、歩きながらキスをする場面も。

画像3: リラックスした雰囲気で仲良く散歩
画像4: リラックスした雰囲気で仲良く散歩

 この日は運動不足を解消する目的も兼ねて外に散歩に出かけた2人だが、普段はショーンが大好きな映画『ハリー・ポッター』シリーズを見るなどして、自宅で引きこもり生活を送っているそう。また、2人は先日、同じように隔離生活を送る人たちを勇気づけるために、世界保健機関(WHO)と世界の貧困撲滅を目的とした活動を行うグローバル・シチズン(Global Citizen)の協力のもと、インスタグラムのライブ配信を通じてミニコンサートを開催。そこで、2人にとって思い入れのある「セニョリータ」や、日本を題材にしたショーンの楽曲「ロスト・イン・ジャパン(Lost In Japan)」、カミラ最大のヒット曲「ハバナ(Havana)」のほか、エド・シーランの楽曲「キス・ミー(Kiss Me)」の全4曲を披露した。

 ちなみに、カミラは今年5月から大規模なワールドツアー「ザ・ロマンス・ツアー(The Romance Tour)」を行う予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で安全なかたちでリハーサルを行うことが困難であることから、準備不足を理由に無期限で延期することを発表している。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.