毛先がハネたり、広がったりして、なかなか決まらない「伸ばしかけボブ」の悩みを解決するスタイリング術を海外のヘアスタイリストが紹介した。(フロントロウ編集部)

伸ばしかけは、ハネる、広がる、重い…

 前下がり、切りっぱなし、外ハネなど、セレブにも大人気のボブヘアスタイル。オシャレで可愛い一方、徐々に髪が伸びてくると、ぴったりだったはずの毛先がハネたり、サイドが広がったりと少し気まずい印象に。

 とくにボブからロブへ移行する「伸ばしかけ」期間は、なかなか髪がいうことを聞かず、手に負えなくて困った…という人も少なくない。

画像: 伸ばしかけは、ハネる、広がる、重い…

 そんなハネたり、広がったりする厄介な「伸ばしかけボブ」を可愛く見せるスタイリング術を、セレブヘアスタイリストのザカリー・モラドが紹介。伸ばしたいけど、なかなかヘアスタイルが決まらないという人は、ぜひチェックしてみて。

コツ1.スタイリング剤でアレンジ

 毛量が少なく、伸びた重みでペタッとしている場合は、スタイリング剤をつけてボリュームアップ! ザカリーは「スタイリング剤を手で温め、髪の根元につけると、髪が立ち上がりやすくなるよ。あと分け目をジグザグに変えてみるのもオススメ」と米ディアMakeup.comでアドバイス。

画像: コツ1.スタイリング剤でアレンジ

 毛量が多く、髪がサイドに広がってしまう場合は、内巻き、外巻きをミックスした縦巻きアレンジがオススメ。ボリュームを抑えつつ、動きのあるヘアスタイルに。もっとタイトにしたい場合は、オイルを髪全体に揉み込み、ストレートアイロンでくせを抑えて。

コツ2.ヘアアクセをつけて可愛くアレンジ

 今季はアクセサリーブームもあり、デザイン性の高いヘアピンやリボン、ヘアバンドなど様々なアクセサリーが大人気。とくに伸ばしかけのボブとは相性が良く、ボリュームを抑えたり、ヘアアクセの存在感で視線をそらしたりすることができるという。

画像: コツ2.ヘアアクセをつけて可愛くアレンジ

 ザカリーによると、髪の片側にクリスタルやパールのヘアピンをつけるだけで、髪に立体感が生まれてシックなスタイルになるそう。さらにザカリーは「ヘアゴムで結べない長さの場合は、ヘアバンドやカチューシャを使ってみて。ポニーテールの代わりになる」とコメントした。

コツ3.カラーリングで透明感をあげる

 もし黒髪、もしくはダークカラーの場合は、髪色を明るくするのもひとつの手。ザカリーいわく、髪色をワントーン明るくしたり、ハイライトを入れたりするだけで、髪全体に軽さが生まれ、透明感のあるヘアスタイルになるのだそう。

画像: コツ3.カラーリングで透明感をあげる

 またザカリーは「髪を伸ばしているうちに、段々と飽きてくることもあるだろう? そういう時は、ローズゴールド、アッシーブロンドなど大胆で楽しいカラーに挑戦してみるのもいい」と話し、染めるのが難しい場合は、1日ヘアカラーやヘアマニキュアを使うだけでも、髪をリフレッシュできると勧めている。

 伸ばしかけのボブスタイルでも、ちょっと手を加えるだけでオシャレに変わるもの。プロのアドバイスを参考にスタイリングしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.