新型コロナウイルスの感染拡大をうけて臨時休園している米ディズニーランドが、外出自粛中の人たちのために「ある方法」を使って魔法を届けて話題になっている。(フロントロウ編集部)

自宅でディズニーランドのパレードが楽しめる

 アメリカ国内で新型コロナウイルスの感染が拡大している影響で、3月中旬から臨時休園しているカリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランド・リゾートと、フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下ディズニーワールド)の無期限の休園期間延長が決定。新型コロナウイルスの終息が見えず、再開時期の見通しもまったくたっていない。

画像: 自宅でディズニーランドのパレードが楽しめる

 そんななか、外出自粛で外に出られない人たちが家の中にいながら楽しめるようにと、米ディズニーがこの春からスタートしたばかりの新パレード「Magic Happens(マジック・ハプンズ)」の映像を、YouTubeの公式チャンネルで公開した。

 こちらの映像は休園前の今年2月に撮影されたもので、約8分間に及ぶパレードの最初から最後まで楽しむことができる。本来であれば、ディズニーランドで直接見ることができはずだが、臨時休園によってそれが叶わなくなってしまったファンのために、動画配信というイマドキな方法でディズニーの魔法を届けた。

 ちなみに、休園中で行きたくても行けない状況が続くことを嘆くファンのあいだで、お気に入りのディズニー・アトラクションを再現してみようというSNSチャレンジ「#HomemadeDisney(ホームメイド・ディズニー/手作りディズニー)」が大フィーバー。家にいながらディズニーランドにいるような感覚を味わうために、ファンもファンで色々と工夫しながらディズニーランドに行けない憂鬱な日々を乗り越えようとしているよう。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.