メイクの雰囲気を左右する「チーク」を入れるオススメの位置とそれぞれのメリットを海外のメイクアップアーティストが紹介。(フロントロウ編集部)

チークは入れる場所が大事

 肌に血色感と適度なメリハリを与えてくれる「チーク」だけれど、とくに入れる場所を気にせず使っているという人も多いはず。でも実は、チークは入れる場所によって、メイクの雰囲気がガラリと変わるって知ってた?

画像: チークは入れる場所が大事

 プロによると、アイメイクやベースメイクと同じように、チークの入れ方にも様々なテクニックが存在するという。そこで今回は、セレブ御用達のメイクアップアーティストがオススメする「チークの入れ方」とそれぞれから得られる効果をご紹介。

 いつも同じ場所にチークを入れている人や、そもそもチークは使っていないという人は、これを機に自分のメイクを見直してみて。

王道!ナチュラルチーク

 最もナチュラルで、健康的な血色感を与えてくれる場所が「頬骨のいちばん高いところ」

 ニューヨークを拠点に活動するメイクアップアーティストのエリサ・フラワーズは「ニコッと笑った時にできる、頬骨のいちばん高いところに、ブラシでふわっと円を描くように少量のチークを入れて。健康的で自然な輝きを作ることができるわ」と米メディアAllureでコメント。

 具体的には、小鼻から指2本分ほど外側、目の下から指2本分ほど下にチークを入れるのが目安。「全体のバランスが崩れるの防いでくれる」とエリサは言う。

春にオススメ!Cゾーンチーク

 春のトレンドメイクで、セレブにも注目されている場所が「Cゾーン(こめかみから頬骨)」

 シンガーのリアーナが真っ先に取り入れたことでも話題で、春らしい華やかな血色感だけでなく、目を大きく見せる効果もあるという。

 Cゾーンへの入れ方はいたって簡単で、メイクアップアーティストのインゲボルグは「柔らかくてフワフワした、小さめから中くらいのブラシを使って、こめかみ部分から頬骨に向かってチークをのせるだけ」と説明。

 また、エルサによると、デカ目効果だけでなく「このチークの入れ方は、肌にフレッシュなツヤ感も与えてくれる」と話している。

ヘルシー顔に!日焼け風チーク

 日焼け風のヘルシーな顔に仕上げてくれる場所が「両頬の高いところ&鼻筋」

 頬骨の高いところから横長にチークを入れることで、こなれ感のある日焼けメイクを演出してくれるそう。

 メイクアップアーティストのカリッサ・フェレーリによると、日焼け風チークを成功させるポイントは鼻筋。「鼻筋の高い位置にほんの少しチークを入れると、キュートに見えるわ」と話し、さらに血色感を出したい場合は「クリームチークの上からパウダーチークをプラスすると良い」とアドバイスした。

 また、インゲボルグは「まぶたや額、あごにも少しチークをつけると、まるで本当に日焼けしたようなリアルな仕上がりになるよ」とも付け加えた。

小顔効果抜群!シェーディング

 ブロンザーを使わずに小顔を叶えてくれる場所が「頬骨の少し上」

 エリサによると、本来シェーディングを入れるところより少し上の部分に、ふんわりとチークを入れることで、自然とフェイスラインにメリハリが生まれ、シャープに見せることができるのだそう。

 上手なチークの入れ方について、エリサは「ふんわりしたブラシで、クルクルと小さな円を描くように、外側からチークを塗り込んでいくのがオススメ」とアドバイス。頬骨より下に入れると顔が下がって見えてしまうので、チークを入れるときは注意。

 チークは入れる場所によって、印象がかなり変わってくるもの。プロのアドバイスを参考に、自分のメイクをさらにアップグレードさせてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.