整形に失敗した人たちを形成外科の名医が修正する大人気リアリティ番組『ボッチド:整形手術の光と闇』シーズン6がdTVのE!ZONEで配信スタート。そんな最新シーズンより、「鼻」の整形手術にフォーカスして、ショッキングすぎる失敗例をまとめてご紹介。

結婚式の直前に鼻整形に失敗…苦情を求めるがクリニックは閉鎖してもぬけの殻

 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』第6話に登場したノリーナは、結婚式に向けて行なった鼻の整形に失敗したうえ、手術をした医師がクリニックごと失踪してしまうという、綺麗な姿で結婚式に挑みたいという女性にとっての悪夢と、美容整形を考えた人にとっての悪夢をダブルで経験した女性。

画像1: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 小さい頃から大きな鼻が姉妹の間でネタにされ、悪気のない冗談だったとは言え、本人も気づかないうちにそれが心のしこりに。鼻にコンプレックスを抱えるようになり、結婚式を前に小鼻に直したいと決断。

画像2: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 そんな彼女はテレビCMで見た美容整形外科を家族に内緒で訪問。カウンセリングで医師に鼻の整形と一緒に豊胸も勧められたというノリーナ。これを番組で聞いたドクター・デュブロウは、「関係のない手術を勧めるべきではない。形成外科医でなく営業マンになる」と、怪しい医師の見定め方をアドバイスした。

 しかし当時のノリーナはそんなこと知る由もなく、テレビで見た病院を信用。ただ蓋を開けてみると、手術日当日は医師と一切会うことなく麻酔をかけられ、術後の包帯を取るのも自分でやるように指示されと、ずさんな対応を受ける。そして、術後の顔を見て愕然。鼻は曲がり、明らかに傷が残り、さすがのドクターたちも「悪夢だな」と驚愕。

画像3: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 3ヶ月後に結婚する花嫁であるノリーナにとって、整形の失敗はドクターたちが言うようにまさに悪夢。説明を求めるためクリニックに出向いたものの、なんと、クリニックはもぬけの殻。カルテも手に入らなかったという。

 そんなノリーナを診たドクター・ナッシフはカウンセリングで、「鼻中隔が左にずれて形が崩れ、短く変形している」「鼻が非対称で曲がっている。外側鼻軟骨も非対称だ。鼻先は形が崩れている。鼻中間はずれている。全体的に合併症を起こしている」と最初の整形のミスや落ち度をあげ、移植片を入れて鼻中隔を延長する施術を提案。一方で、鼻尖を伸ばす施術は皮膚の壊死といった損傷や感染症のリスクもあるとした。

画像4: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 手術当日はCGで作った術後の理想像を見ながら施術に挑んだドクター。鼻を切開して鼻中隔を整え、助骨から取った移植片で気道を開き、鼻孔が下に向くように耳から採取した軟骨で鼻尖を下げるというプランが立てられた。しかし…、手術中に鼻背の一部分が右側にずれていることが発覚する。予想外の事態にドクターが着手したのは、骨切り術という、骨を削る(切る)施術。ドクターは「全てを中央に戻す唯一の方法」として、急遽、骨切り術を施術内容に取り入れた。

画像: 『ボッチド:整形手術の光と闇』シーズン6
『ボッチド:整形手術の光と闇』シーズン6

 そんな予想外のハプニングがありながら、ドクター・ナッシフは「鼻孔も先端も下向きになった。鼻筋もまっすぐだ」と満足げの仕上がりに。ノリーナの術後の姿は、ぜひ『ボッチド:整形手術の光と闇』シーズン6で確認してもらいたい。

脱毛のせいで整形した鼻がめちゃくちゃに…「皮膚が壊死するリスク」と医師も震撼

 セレブリティもたびたび登場する『ボッチド:整形手術の光と闇』。シーズン6第3話には、ナッシフ医師の祖国であるレバノンのポップスター、サミーが登場。

画像5: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 美青年のサミーはある晩、階段から落ちて壁に顔面を強打。鼻がめちゃくちゃになってしまい、直すために人生初の鼻の形成手術を受けた。その時に医師は、プロテーゼの代わりにスキーウェアなどに使われるゴアテックス(PTFE)を挿入。ナッシフ医師はこれについて「私も初期は、鼻筋の形成にゴアテックスを使用していた」と認めたが、今はより安全性を高めるために「患者自身の組織を使う」とした。

 ちなみに、この時のサミーの整形手術は大成功。サミーは、「美しい立派な鼻」になったと喜んだ。

画像6: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 そんなサミーに、悲劇の日が訪れる。鼻毛が気になったためワックス脱毛のため美容院を訪れ、スタッフが鼻の穴にワックスを入れて引っこ抜くと…、鼻に激痛が。「数日後、鼻から何か突き出ているのが見えた」とサミーは衝撃的な言葉を口にする。その“何か”とは、鼻の形成手術で入れたゴアテックス。「感染症を起こして取れかけていた」とサミー。それを直すために2度目の鼻形成手術を受けたものの、1回目の手術で成功して手に入れた理想の鼻は変形してまったく違う鼻に。その後も手術を繰り返したサミーの鼻は、鼻根から鼻尖までの距離が短く、鼻梁がなく、呼吸がしづらいほど鼻の穴が小さくなってしまった。

画像7: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 そんなサミーの鼻形成手術を担当したドクター・ナッシフは、「皮膚を傷つけるか穴を開けた場合、皮膚が壊死するリスクがある」と不安をのぞかせたものの、鼻を切開して硬くなった骨を削り取り、助骨から取った移植片を鼻翼に移植して鼻孔緑を整えて気道を開き、四角に切った軟骨で鼻梁を形成し、鼻尖に軟骨を入れて鼻柱を伸ばす、という施術プランを提案。

画像8: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
画像9: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 そして手術当日、順調に助骨と頭皮の筋膜と耳の移植片の収集作業をしていたドクター・ナッシフと彼の手術スタッフ。しかし、予期せぬトラブルが…。なんと鼻が岩のように硬いせいで、皮膚に注射針を刺すことができない!さすがのドクター・ナッシフも「こんなこと初めて」「緊張してきた」と話し、手術室の空気は緊迫する…。

手術から8年後に鼻が突然変形…保証も得られず悪性腫瘍の不安を抱えた女性

 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』第2話に登場した、整形失敗によって“ピノキオの鼻”を持つ女性ジゼラ。

画像10: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 「13歳の頃には鼻が平均より大きいことに気づいていた」と言うジゼラは、高校を卒業するときに両親を説得して鼻を整形。しかし望み通りの形にならなかったため、約2年後に再手術。これは成功し、ジゼラは理想の鼻を手に入れた。

 ところが8年後…、ジゼラの理想の鼻は変形をはじめ、鼻尖がピノキオのように大きく肥大。痛みも出るようになり、ジゼラは「(押すと)痛くて涙目になる」と明かした。どの形成外科を訪れても医師の答えは「原因不明」ばかりだった。

画像11: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 「手術から何年も経って患者が痛みを感じる場合は、感染症か何らかの炎症か皮下の腫瘍が疑われる」としたドクター・ナッシフが診察してみたところ、鼻先の肥大化の原因は切開してみないとわからないとしたものの、「悪性腫瘍じゃない」と断言。

画像12: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 前回の手術のときに鼻中隔が曲がったままだったことが発覚したため、鼻中隔と鼻甲会の形成手術と、段鼻を除去して鼻筋を整える施術をするとともに、鼻尖を切開して膨らみの原因を探りその場で最適な処置をすることになった。

 手術中に助手がジゼラの鼻に注射したところ、突然、鼻から黄色い膿のような液体がどっと噴出。それで鼻先がへこんだため、肥大化した鼻尖の中は液体だったことが発覚。そしてドクター・ナッシフが古い切開部を確認したところ、手術室に「これは何だ!?」という声が響く。その正体とは、プロリーン縫合糸と呼ばれる青い縫合糸。

画像13: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 医師たちがその場で過去の症例を確認してみたところ、「縫合糸の異物反応による鼻先の腫瘍」「特殊で長期的な合併症」という論文を発見。文献として記録されている縫合糸アレルギーの症例は5つのみ。ジゼラは医学的に珍しいプロリーン縫合糸アレルギーだったため鼻に残された縫合糸に体がアレルギー反応を起こした可能性が。あまりに特殊なケースすぎて、ドクター・ナッシフも「(医学協会に)症例報告が必要」とコメント。「通常、僕の鼻の見立ては98%正しい。今回は100%間違っていた」と発言した。

 その後のダウンタイムを終えて「素晴らしい鼻」を手に入れて別人のように変わったジゼラの姿を、ぜひ番組で確認してもらいたい。

韓流アイドルになるための整形に2700万円!失敗して鼻の左右バランスが崩れる

 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』第2話に登場するオリヴァーは、韓国の音楽グループBTS(防弾少年団)のジミンのような小鼻へと縮小するために、韓国、中国、ポーランド、アルメニアと世界4ヵ国での整形旅行をして2,700万円もの大金を美容整形につぎ込んだイギリス人男性。

画像14: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 ジミンの等身大ボードと食事やベッドを共にするうちに、現実世界で一緒になれないなら「せめて見た目だけでもジミンに近づきたい」と思うようになったオリヴァーは、鼻と目を整形し、顎を削り、唇にフィラーを入れ、頬に脂肪移植し、女性化乳房の脂肪除去をしと、その整形回数は100回を突破

画像15: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 しかし4度目の鼻整形をした時に、悲劇が…。手術は失敗し、鼻筋は曲がり、穴が左右非対称になり、鼻尖が腫れた状態に…。「ジミンとはほど遠い曲がった丸い鼻になった」と嘆くオリヴァーは、「鼻の穴と鼻尖をもっと小さくして鼻筋を細くしてジミンに近づきたい」と言って番組を訪れる。

 韓国をはじめとした4ヵ国での整形ツアーで容姿を変えたオリヴァーに対して、ドクター・デュブロウは、「医療ツアーは人気だが危険な場合もある。医師や病院について何も知らない。合併症が起きた場合は誰が治してくれるかも分からない。医師を選ぶ前に徹底的に調べるべきだ」と、海外での整形旅行に潜むリスクを明言。

 そして診察室で、鼻の状態を診察したドクター・ナッシフからオリヴァーを絶句させる言葉が告げられる。 

画像16: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

フィラー、ボトックス、胸、お尻、脂肪吸引…、番組では他の失敗症例&再建手術がまだまだ↓

『ボッチド:整形手術の光と闇』はどこで見られる?

 整形失敗者を救済する『ボッチド:整形手術の光と闇』は、日本では、初回31日間無料のdTVにて追加料金なしで見られるE!ZONEでシーズン1からシーズン6までが配信中。

画像17: 『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』
『ボッチド:整形手術の光と闇 シーズン6』

 テレビで整形中毒を自慢したい人たちや、ほかでは「修正不可能」と言われた整形失敗者たちが登場する番組では、毎話、放送後にニュースになることもあるほどショッキングな事例が登場する。また、美容整形の本場ロサンゼルスで名医として有名なドクター・ナッシフとドクター・デュブロウが、ほかの整形外科医が見捨てた失敗例を修正していく見事なスキルが見られる点でも話題。

 dTVのE!ZONEでは、他にも『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』や『ハリウッド・ミディアム』といった海外の人気リアリティ番組が多数配信されているので、海外の驚きのライフスタイルや情報を知りたい人にはオススメ。

<配信情報>
『ボッチド:整形手術の光と闇』シーズン6
dTVで独占日本初配信中 毎月最新4エピソード更新
『ボッチド:整形手術の光と闇』シーズン1~5も配信中

E!ZONEはdTVにて視聴可能!初回31日間無料!
dTVで配信中の「E!ZONE」(※) もしくは「海外ドラマ」ジャンル内から視聴可能となっている。

※「E!ZONE」とはハリウッド、アジアのセレブゴシップやリアリティー番組などエンタメの最新情報をお届けするチャンネル。dTVの「海外ドラマ」ジャンル内「E!/海外エンタメ情報」から視聴可能。 

(フロントロウ 編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.