ファンデーション特有の“ヨレ”や“ムラ”を起こさず、キレイに仕上げるコツと簡単お直しテクを海外のメイクアップアーティストが紹介した。(フロントロウ編集部)

なぜヨレやムラが起きるの?

 ファンデーションがヨレたり、ムラづいたりすると「塗り方が間違っているからでしょ?」と思われがちだけれど、ニューヨーク市を拠点に活躍するメイクアップアーティストのメアリー・アーウィンによると、実はファンデーションが密着しない理由はひとつではないという。

画像1: なぜヨレやムラが起きるの?

 1つめの理由が、肌のお手入れ不足。どんなに高機能なファンデーションを使っていても、土台となる肌が乾燥していたり、凸凹してたりすると、ファンデーションが肌に密着せず、ムラづいてしまうと米メディアMakeup.comで説明。

 2つめの理由が、肌に合わないファンデーションの使用。メアリーは「ほとんどの人は自分が思っているほどオイリーではないの。だから、すでに肌が乾燥しているのにマット系のファンデーションを使ったら、当然ムラになるよね」と、自分の肌質に合わないファンデーションを使うことも、仕上がりに影響してくるのだそう。

画像2: なぜヨレやムラが起きるの?

 3つめの理由が、ファンデーションと化粧下地の相性。例えば、シリコンをベースにした化粧下地(プライマー)と水をベースにしたファンデーションを合わせてしまうと、2つの成分がうまく混ざらず、肌の上で分離することがあるという。

 そこで今回は、ファンデーションがヨレたり、ムラづいたりしたときの対策法&メイク直しテクをご紹介。メイクを思いっきり楽しみたいのに、なんだかベースメイクが決まらない…とお悩みの人は今すぐチェックしてみて。

プロ級の美肌メイクのつくり方

 メアリーによると、ムラのない均一なベースメイクを作るコツは、まず化粧水や保湿クリームで肌に十分なうるおいを与え、肌の土台をきちんと整えること。日焼け止めなども、このタイミングでつけるのがベストだという。

画像: プロ級の美肌メイクのつくり方

 次に、肌にうるおいを与えるだけでなく、ファンデーションをしっかり掴む“グリップ力”のある化粧下地を塗って、ベースメイクの崩れにくさ・塗りやすさをアップ。最後に、化粧下地と相性が良く、自分の肌質にぴったりのファンデーションで仕上げて、ムラのない均一美肌の出来上がり!

 メアリーは「優れた“保湿クリーム”、ファンデーションによくなじむ“プライマー”、自分の肌質に合った“ファンデーション”。この3つは必ずセットよ」と、ムラづきのないベースメイクを作るためにも、この3ステップは必ず守るようアドバイスした。

ムラになったときのお直しテク

 もしファンデーションがヨレたり、ムラになってしまったときの応急処置として、メアリーは「メイクスポンジに水を含ませて、ムラになってしまった部分にポンポンと当てて整えて」と助言。適度に水分を補いながら、浮き上がったファンデーションをスポンジが吸収してくれるという。

画像: ムラになったときのお直しテク

 プロが教えるファンデーションをキレイに仕上げるテクニック。上手にマスターして、素肌のようになめらかで美しいベースメイクをゲットしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.