映画『ターミネーター2』に登場する敵のアンドロイド、T-1000は瞬きをほとんどしていないことを知っていた?(フロントロウ編集部)

色あせない人気映画『ターミネーター』

 映画『ターミネーター』は、未来で繰り広げられる人類と機械との果てしない闘いを描いたSF大作。1984年にジェームズ・キャメロン監督によって第1作目が生み出され、2019年までに全6作品公開されている。本作の顔であるアーノルド・シュワルツェネッガーは、シリーズを通して「ターミネーター」と呼ばれるアンドロイドの“T-800”を演じ、爆発的な人気を呼んだ。

画像: ©︎CAROLCO / ROSENTHAL, ZADE

©︎CAROLCO / ROSENTHAL, ZADE

 映画『ターミネーター2』は、1991年に公開された同シリーズ2作目の作品。ジェームズ・キャメロン監督、アーノルド、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンというおなじみの顔ぶれに加え、ジョン・コナー役のエドワード・ファーロング、T-1000役のロバート・パトリックなど、新たなキャストも加わった。2019年には、『ターミネーター2』の正当な続編、『ターミネーター:ニュー・フェイト』が28年の時を経て公開され、大きな話題に。

 とくに、シリーズの中でも『T2』という略称でも呼ばれている『ターミネーター2』は、アカデミー賞で視覚効果賞、メイクアップ賞、音響効果賞、録音賞を受賞した名作。本作は、「未来で機械と人間の戦争を起こすかもしれない」といわれているジョンを巡って、再び死闘が繰り広げられるストーリー。ジョンを消すために未来からやってきた新しいターミネーター のT-1000は、T-800とは違い、最新型の液体金属でできたボディを持つ殺人マシン。体を自由に変形させられるだけでなく、武器も作ることができ、さらには他のものに擬態することだってできる。

 T-1000は人間の感情や表情を模した行動も上手く、ジョンの写真をみて「可愛いお子さんだ」と言ったり、バイクを奪う際に「ところで、いいバイクに乗っているな」と言ったりできる。

T-1000役俳優、「怖さ」を演出するためにアレをしなかった

 『ターミネーター2』のなかでT-1000を演じたロバート・パトリックは、主人公たちを追いつめるT-1000の「怖さ」を演出するためにあるものを捨てる役作りをしていた。

 それは、まばたきという、人間が無意識のうちにしてしまう行動。

 『ターミネーター2』のなかでT-1000はほとんどまばたきをしていない。銃を撃った後も、リロードをしても、表情を変えずにターゲットをじっと見ているだけではなく、全力で走る時もまばたきせず、息切れもしない。このことが、彼をより恐ろしく、より機械的に見せていた。

 まばたきをしないという演技のすごさを、『スター・ウォーズ』シリーズやMCU作品でVFXを担当しているアーティストのトッド・バジリが公開したコチラの映像が物語っている。

 映像では、T-1000が銃口から火花を飛ばして16発もの弾丸を撃つ。反射神経がある人間は、普通だったらバンバンと撃つたびに目を閉じてしまうのだけれど、映像でT-1000がまばたきをした回数は、たったの1回。

 これだけでもスゴいけれど、T-1000を演じたロバート本人はトッドのツイートに反応した時に、「まばたきをしないことが目標だったから失敗だ」と、1回のまばたきですら“失敗”とコメント。その高すぎるプロ精神をのぞかせた。

 そんなロバートは同役のオーディションの際、カメラに顔を向け、じっと数分間それを睨みつけていたと英Gurdianに明かした。ジェームズ監督はそのオーディションの後「今日僕に恐怖を与えたのはきみだけだった」とロバートに言ったという。

画像: T-1000役俳優、「怖さ」を演出するためにアレをしなかった

 さらにロボットのように走るために、「短距離選手のように、無駄なエネルギーの消費がないようにターゲットに視線の照準を合わせた」と語り、走り終えた時に息切れした様子が出ないように「歯を食いしばって口を動かさず無表情のまま鼻だけで息をしていた」と、あの驚異的な動きの裏に隠された努力を米Hollywood Reporterで明かした。

 『ターミネーター2』でT-1000がまばたきをしなかったり、機械のような動きが身についていたりしたのは、ひとえにT-1000を演じたロバートの演技のウデマエと努力の結果だった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.