女性同士の恋愛を描いた映画『アンモナイト』に主演しているケイト・ウィンスレットが、本作の撮影中に誕生日を迎えたシアーシャ・ローナンの誕生日当日に“セックスシーン”をプレゼントしたことを明らかにした。(フロントロウ編集部)

レズビアンのカップルを演じるケイトとシアーシャ

  映画『ゴッズ・オウン・カントリー』で、男性同士のロマンスを綿密な描写で描き高評価を得たフランシス・リー監督が手がける新作映画『アンモナイト』。

 本作は、19世紀のイギリス南部を舞台にしたロマンス作品。映画『タイタニック』のケイト・ウィンスレット演じる実在した化石コレクターで古生物学者のメアリー・アニングと、映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』のシアーシャ・ローナン演じる地質学者のシャーロット・マーチソンが惹かれ合う様子を描いている。

ケイトがシアーシャに特別な誕生日プレゼント

 ケイトによれば、彼女は本作の撮影中に誕生日を迎えたカップルの相手役のシアーシャのために、ある粋な計らいをしたのだそう。それは、別の日に予定されていたシアーシャとのラブシーンを、シアーシャが25歳の誕生日を迎えた4月12日に移したこと。

 ケイトはそうした理由について、米Entertainment Weeklyに対して次のように明かした。

「率直に、彼女には映画人生における素敵な思い出を作って欲しかったの。そのシーンが最終的にどうなるかだったり、映画そのものがどうなるかだったりは置いておいてね。一緒に過ごしてきた経験があったから、素敵なものになることを確信してた。それと同じくらい素敵なものになるはずって思ったの」

 ケイトによれば、シアーシャとのラブシーンを撮影するにあたり、男性であるフランシス・リー監督は「適切な行動」をとれるか「とてもナーバスになっていた」そうで、最終的には現場に女性スタッフのみを配置して撮影を行なったそう。「(マイクを操作する)ブーム・オペレーターも女性だったんだけど、その人がちょうど妊娠6ヶ月だったの。かなり狭い部屋だったから、彼女のために十分なスペースが取れるように注意してた」とケイトは撮影を振り返った。

画像: ケイトがシアーシャに特別な誕生日プレゼント

 「シアーシャも私も、そのシーンで表現したいものについて同じアイディアを共有できていたと思う」とケイトは続けている。「シーンの感情的な土台となるものとして、2人の女性の繋がりというものがあった。もちろん、それってどんなラブシーンにおいても最も重要なものなんだけどね。そのことに関しては、同じものを共有できていたと思う」。

 ケイトとシアーシャがレズビアンのカップルを演じた映画『アンモナイト』は、新型コロナウイルスの感染拡大による延期を経て、2020年11月13日に全米公開される。日本での公開日は現時点で明らかになっていない。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.