アメリカのフロリダ州にあるディズニーワールドで、アトラクションの列に並んでいる最中に「あの言葉」を口にした客が最終的に園から追放される事件があった。(フロントロウ編集部)

ディズニーランドで再び出禁案件が発生

 新型コロナウイルスの影響で約4ヵ月に及ぶ臨時休園を強いられるも、今年7月に無事営業を再開した米フロリダ州オーランドに広大な敷地を構える世界最大規模のディズニーリゾート、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下ディズニーワールド)にある人気エリア「アニマル・キングダム」で、つい先日、警察沙汰が起きていたことがわかった。

画像: ディズニーランドで再び出禁案件が発生

 トラブルの発端となったのは、ある男性客がアトラクションの列に並んでいる最中に口にした「コロナウイルス」という言葉。米Peopleによると、男性は「コロナウイルス」と言いながらくしゃみの真似をするという行き過ぎた“悪ふざけ”をして、周囲の人たちを不快な気分にさせていたそうで、見かねたキャストが「私があなたに『列から外れてください』と言ったとしても、まだ(その悪趣味なジョークが)面白いと思いますか?」と注意したところ、逆ギレ。

 男性とキャストは言い合いになり、しばらくのあいだ押し問答を繰り返した末、男性がキャストの顔を殴るという暴挙に出たため、別のキャストが警察に通報。その後、男性は駆けつけた警察官によって逮捕された。男性と男性の息子は、故意に殴ったわけではなく、列に戻るのを制止しようとしたキャストの腕を振り払おうとして「バランスを崩しただけだ」と主張しているが、被害にあったキャストに「殴られた」と言っており、目撃者も「殴るところをはっきりと見た」と証言している。

 ちなみに、今回逮捕されたのは、マイアミを中心に活動するヒップホップグループ、プリティ・リッキー (Pretty Ricky)のメンバーであるスペクタキュラーこと、スペクタキュラー・ブルー・スミスで、すでに保釈金を支払って保釈されているという。

画像: ディズニーワールドで問題を起こして逮捕されたプリティ・リッキーのスペクタキュラー。

ディズニーワールドで問題を起こして逮捕されたプリティ・リッキーのスペクタキュラー。

 また、現時点ではディズニー側がスペクタキュラーに対してどういった措置を取るのかは明かされていないが、過去の例を見ると、キャストや警備員などの従業員に暴力を振るって警察沙汰に発展した場合は、問答無用で「生涯出入り禁止」を言い渡されている。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.