マクドナルドのポテトから「アレ」を見つけた客が“マック1年無料”の権利をゲット!でも良いことばかりではないようで…。(フロントロウ編集部)

マクドナルドのポテトの箱に“幸運のチケット”

 イギリスのマクドナルドで購入したポテトの容器に“当選券”がくっついているのを見つけた女性が、マクドナルドの「ゴールドカード」を手に入れた。

 アメリカやヨーロッパのマクドナルドでは、ボードゲームの「モノポリー」とコラボしたプレゼントキャンペーンをたびたび実施しており、さまざまな豪華商品が商品を用意している。このゴールドカードはその景品のひとつで、週に1回、ミディアムサイズのメニューを1品無料で食べることができるという。しかも、その有効期限は1年間! 女性は最初、それが当選券だとはわからなかったそうで、自宅に戻ってからグーグルで調べて、ようやくその価値を知ったという。

画像: マクドナルドのポテトの箱に“幸運のチケット”

 ただし、このニュースを聞いて「うらやましい!」と思った方も多いと思うが、良いことばかりではないようで…。 

 英Mirrorによると、後日、マクドナルドから送られてきたゴールドカードを女性がTikTokでお披露目したところ、祝福の言葉が多くあった一方、嫉妬した一部の人たちから誹謗中傷コメントが殺到。ネガティブな反応があることを予想していなかったという女性は、「悪いコメントを見てすごく動揺した」とMirrorの取材に対して明かしている。

 ちなみに、マクドナルドのゴールドカードは、所有者によって有効期限や使える場所などの条件が違う謎のカードとして知られている。今回、モノポリーの景品として配られたカードの有効期限は1年だったが、過去にはマクドナルドの商品がなんと50年間も無料で食べられる“幻のゴールドカード”が発行されたこともある。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.