海外のマクドナルドの店員が、失礼な客に対してある復讐をしたことが大騒動に。店員は解雇された。(フロントロウ編集部)

マクドナルドの店員が見せた復讐

 海外のマクドナルドで働く店員が、「客の態度が悪いけど、自分は1時間に8.50の給料の時」という動画をTikTokで公開し、話題となっている。

 このTikTokユーザーがどの国に住んでいるかは不明だが、アメリカドルの場合、約935円の時給となる。

 動画のなかで店員が準備していたのは、キャラメルフラッペとみられる商品。しかし、ドリンクにクリームをのせた店員が、キャラメルの代わりに持ち出したのは…、スイート&サワーソース!

 ※TikTok動画が含まれます。動画が再生されない場合はフロントロウのオリジナルサイトでお楽しみください。

 多くの人は考えたこともなかったと思われるが、スイート&サワーソースは、キャラメルソースと見分けがつかないのだ。店員が本当にこの商品を客に提供したかどうかは不明だが、この動画はなんと760万を超えるいいねがつけられるほどの大反響となった。

 そして、バズるというレベルではないほどバズってしまったこの動画の存在は、店員の上司も知るところになったよう。その12日後にこのTikTokユーザーは、自身が働いていたと思われるマクドナルドの店舗を外から撮影した動画を公開。

 そこには、「紳士淑女の皆さん、やったね…。クビになったよ」という文字が。

 1本目の動画を見た時点で、この店員がクビになるだろうと予想していた人は多かったが、その通りの結果となった。

 動画を共有できるSNSの登場によって、従業員、主にアルバイトが企業イメージを傷つける行動や衛生面の問題を引き起こす行動をする“バイトテロ”は各国で問題となっており、裁判になることもある。軽率な行動は取らないほうが身のため。

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.