海外で話題になっているアノ曲はなぜ人気? 気になるヒット曲の背景を調査! トラヴィス・バーカーのDTAレコードに移籍したアヴリル・ラヴィーンがリリースした、移籍後第一弾のシングル「Bite Me」が気になる。(フロントロウ編集部)

アヴリル・ラヴィーンがレーベル移籍後初の新曲「Bite Me」をリリース

 アヴリル・ラヴィーンが、ブリンク182のドラマーであるトラヴィス・バーカーが主宰するレーベル、DTAレコードに移籍してからは初となるシングル「Bite Me」をリリースした。

画像: アヴリル・ラヴィーンがレーベル移籍後初の新曲「Bite Me」をリリース

 コートニー・カーダシアンと婚約していることでも知られるトラヴィスは近年、プロデューサーとしてマシン・ガン・ケリーやヤングブラッド、ウィローら多くのアーティストの楽曲をプロデュースしており、ポップパンクブームの復活を牽引している。

 アヴリルはトラヴィスのDTAレコードと契約するにあたり、声明で次のように述べている。「契約を結んだ彼のレーベルであるDTAは、私や私の新しい音楽にとって完璧なホームだと感じてる。トラヴィスはミュージシャンとしての私のビジョンや、アーティストとしての私のクリエイティブなプロセス、そして、私のキャリアにおける今のステージのゴールを理解してくれているの」。

 ちなみに、トラヴィスはアヴリルがDTAレコードと契約する以前からアヴリルの楽曲に参加しており、アヴリルが2007年にリリースしたサードアルバム『ベスト・ダム・シング』でドラムを叩いている。

「Bite Me」の意味は「消えて」

 直訳すると日本語で「私を噛んで」という意味になる、楽曲のタイトル「Bite Me」というフレーズは、実はスラングとして「消えて」「どっか行って」という使われ方もする。この曲では、スラングのほうの意味で使われており、アヴリルはリリースにあたって楽曲のテーマを次のように説明している。「これは、自分の重要性や、自分の価値を知り、自分に値しない相手にはセカンドチャンスを与えないということについてのアンセム」。

画像: 私生活では、ミュージシャンのモッド・サンと交際しているアヴリル・ラヴィーン。

私生活では、ミュージシャンのモッド・サンと交際しているアヴリル・ラヴィーン。

 また、アヴリルはApple Musicとのインタビューで、ポップパンクな今回の新曲について次のようにも語っている。「もう一度ロックする時がきたということ。私には攻撃的な側面があるからね。今回の『Bite Me』では、自分が人生における幸せな地点にいて、楽しいことしかないということを反映している」。

 「頑張ればよかったね、私をちゃんと扱っていればよかったのに」「私たちは二度と一緒にならないし、もう消えてもらっていいよ」と、自分をちゃんと扱ってくれなかった相手にノーを突きつける、アヴリルのロックな側面が全開の新曲「Bite Me」の音源はこちら。

 「Bite Me」には、共同制作者としてトラヴィス・バーカーのほか、恋人のモッド・サンとDJ/プロデューサーのマシュメロもクレジットされている。

 ちなみに、この曲は来たるニューアルバムからの新曲とのこと。アヴリルはインスタグラムに、「これは、これから来るもののごく一部に過ぎないよ」と綴っている。

直近のアルバムからの最初のシングル、好きなのは?

  • 今回の「Bite Me」
  • 『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』の「Head Above Water」
  • 『アヴリル・ラヴィーン』の「Here's to Never Growing Up」
  • それより、恋人モッド・サンとの「Flames」!
  • 今回の「Bite Me」
    37
    25
  • 『ヘッド・アバーヴ・ウォーター』の「Head Above Water」
    24
    16
  • 『アヴリル・ラヴィーン』の「Here's to Never Growing Up」
    29
    20
  • それより、恋人モッド・サンとの「Flames」!
    10
    7

ありがとうございました!

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.