新たな『オペラ座の怪人』映画が、ジョン・レジェンドのプロデュースで制作中!(フロントロウ編集部)

新『オペラ座の怪人』をジョン・レジェンドが手掛ける

 フランスの作家ガストン・ルルーによる小説『オペラ座の怪人』は、これまでに何度も映画化されてきた。アンドルー・ロイド・ウェバーによるミュージカル『オペラ座の怪人』は超ロングラン大ヒットとなり、ジョエル・シュマッカー監督による2004年公開のミュージカル映画も人気が高い。

画像: 2004年版『オペラ座の怪人』より。 ⓒWARNER BROS. PICTURES / BAILEY, ALEX

2004年版『オペラ座の怪人』より。ⓒWARNER BROS. PICTURES / BAILEY, ALEX

 そしてそんな『オペラ座の怪人』を基に、舞台をアメリカのニューオーリンズ、フレンチ・クオーター地区に移した映画の制作が進められている。

 この作品でプロデューサーを務めるのは、これまでにグラミー賞、アカデミー賞、トニー賞、エミー賞を受賞した経歴を持つミュージシャンのジョン・レジェンド

画像: 新『オペラ座の怪人』をジョン・レジェンドが手掛ける

 彼とともにプロデューサーを務めるのは、映画『ピッチ・パーフェクト』や『リスペクト』で音楽プロデューサーを務めたハーヴィー・メイソン・Jr.で、脚本は映画『ヤングガン』やドラマ『ザ・テキサス・レンジャーズ』のジョン・フスコが担当する。

 ジョン・フスコは本作について、こうコメントを発表。

 「舞台は、ジャズ、R&B、ネオ・ソウル、ファンクの世界である、現代のニューオーリンズの蒸し暑いナイトライフ・シーン。フレンチ・クオーター地区のあるニューオーリンズは、アメリカで最も呪われた都市として知られているだけでなく、音楽、フレンチ・クレオール文化、ブードゥー教の神秘性、マルディグラの仮面舞踏会などでも有名です。そのため、パリの設定や復讐、片思い、そしてミステリーの物語に自然に合うところがある」

 音楽・エンターテイメント業界で才能を発揮するジョンが手掛ける『オペラ座の怪人』が、新たな舞台でよみがえる。どのような作品になるのだろうか。

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.