1,000万円以上を費やして全身にタトゥーを入れてきた男性が、これまででタトゥーを入れるのが特に痛かった部分を明かした。(フロントロウ編集部)

※アイキャッチ写真はイメージです。

1,000万円以上をタトゥーに費やしてきた男性が語る

 カナダ在住のシェフである現在33歳のレミーは、全身に施したタトゥーやピアスなどがSNSで人気を集め、インスタグラムアカウントは18万人以上にフォローされている。

 2009年に自身の息子の名前を最初のタトゥーとして入れて以来、レミーは身体全体にタトゥーを入れ続けてきたといい、先月に英Daily Starに明かしたところによれば、これまでにタトゥーに費やしてきたのは12万カナダドル(約1,080万円)〜13万カナダドル(約1,170万円)だという。

 「ピアスやジュエリーを含めれば、15万カナダドル(約1,350万円)以上ですね」と語るように、自身の身体に大金を費やしてきたレミーは、現在、身体のほとんどすべての部分にタトゥーが入っているといい、「まだタトゥーを入れていない数少ない場所としては、顔の大部分と耳、両足の裏、手のひらの一部ですね」と英Daily Starに話す。

 そうした一部の部分を除けば、ほぼ全身にタトゥーを入れた経験を持つレミー。その中でも、特に入れる際に痛みを伴った部分はどこなのだろうか? レミーは英Daily Starとのインタビューのこの質問を向けられると、次のように明かした。

 「お尻の内側の部分か、内股の付け根のほうかもしれません。かなり繊細な部分なので」

 もちろん、痛みを感じる程度は人それぞれだが、ほとんどすべての場所でタトゥーを入れる痛みを経験してきたレミーにとっては、お尻や内股だったという。

 同じインタビューのなかで、レミーはそのタトゥーに満ちたルックスが原因で寄せられる、オンライン上の誹謗中傷についても触れて、「そういう(誹謗中傷は)オンラインの人たちから寄せられるだけで、公共の場では、ポジティブなコメントか、興味を持っているようなコメントしか来ません」とコメント。自身の周囲には、自分のルックスにポジティブな感想を持っている人たちしかいないため、オンライン上の批判は気にならないと語った。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.