Photo:ゲッティイメージズスプラッシュ/アフロ
ディズニー・チャンネルのオリジナル・ムービー『ディセンダント』シリーズのスピンオフが制作されることが決定した。(フロントロウ編集部)

ワーキングタイトルは『The Pocketwatch』

 「ディズニー映画に出てくる悪役たちに子供がいたら?」という斬新な設定で、悪役たちの子供を主人公に描いた、ディズニー・チャンネルのオリジナル・ムービー『ディセンダント』は世界中で大ヒットを記録し、3作目まで制作された。

 多くの人が『ディセンダント3』で終わりだと思っていたが、なんと今回『ディセンダント』シリーズのスピンオフが制作されることが決定した。

 まだ正式にタイトルは決まっていないものの、仮のタイトルとして制作過程で使われる“ワーキングタイトル”は、、『The Pocketwatch』に決定。ポケットウォッチとは、『ふしぎの国のアリス』の白ウサギが持っているような懐中時計のこと。

 監督はこれまで『ディセンダント』シリーズを手掛けてきたケニー・オルテガではなく、映画『アドバンテージ~母がくれたもの』で監督を務めたジェニファー・ファングが担当し、『マジック:ザ・ギャザリング』のダン・フレイとラッセル・ソマーが脚本を執筆する予定だと米Deadlineが報じた。

気になるストーリーは?

 『The Pocketwatch』は、ハートの女王の子供であるレッドと、シンデレラとチャーミング王子の子供であるクロエがメインに描かれる。レッドがクーデターを阻止するために、クロエと力を合わせ、白ウサギの懐中時計を使って過去に戻り、重大な結果につながる出来事を止めるというストーリーになるという。

 そして『The Pocketwatch』ではディズニーの名曲だけでなく、7曲の新曲も加わるとのこと。

 現時点でキャストなどは決定していないが、2022年秋ごろから撮影が始まるということで、水面下では着実に動いている。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.