今週末に発売されるグループの公式本で元恋人で元ワン・ダイレクションのゼイン・マリクとの破局について暴露したり、新曲「シャウト・アウト・トゥ・マイ・エックス」の歌詞内で皮肉ったりしている、英ガールズ・グループ、リトル・ミックスのペリー・エドワーズが、ゼインとの失恋に関する新たなエピソードを明かした。

ペリー・エドワーズ Perrie Edwards ゼイン・マリク Zayn Malik

 新曲のプロモーションのために出演したラジオ番組で、相手の名前こそ明かさなかったものの、過去の酷い失恋体験について話したペリー。

 ある日、メンバーとの移動中に、彼から電話で連絡を受けた際、あまりのショックで感情がコントロールできなくなったことがあったと明かし、「その時は空港に居たんだけど、あの人からとんでもない電話がかかってきて…大変なことになったわ。あまり記憶もないくらいなんだけど、何かに取り憑かれたかのように大声で泣き叫んだの。自分が爆発しちゃうんじゃないかと思うくらいだった」と振り返った。

 

NEXT>>

公の場に居ることも忘れて泣きわめくペリー、その時メンバーは?

泣きわめくペリー、その時メンバーたちは?

 飛行機に搭乗するため、ペリーと一緒にセキュリティ・チェックの列に並んでいたリトル・ミックスのメンバーのたちは、突然のペリーの感情的なメルトダウンにびっくり。

 戸惑いながらも、なるべく周囲の人たちの目につかないよう、ペリーを囲むように身体を使って壁を作り彼女を守ったという。

 リーアンは、「あの時は、『大丈夫だから、思いっきり泣きなさい』って言ったわ」とペリーに励ましの言葉をかけたことを振り返っている。

リトル・ミックス 親友同士のように仲が良い4人。左から、ペリー、リーアン・ピノック、ジェシー・ネルソン、ジェイド・サールウォール。

 

 一体、電話で何を言われたのかは明かさなかったものの、大人の女性で、ましやセレブとしての注目度も高いペリーが、世間の目も気にせず大声で泣き崩れてしまうほどなのだから、衝撃的な内容だったことは確か。

 メンバーたちやファンのサポートのおかげもあり、現在ではゼインとの失恋から何とか立ち直ったペリー。そんな彼女が歌う復讐ソングは現在世界中の音楽チャートを駆け上がっている。

 

Text & Photo: フロントロウ編集部(FRONTROW)/Ayumi Nakazawa、アフロ、ニュースコム、Instagram/Little Mix

This article is a sponsored article by
''.