来日中のポール・マッカートニーの日本にまつわる5つの話を紹介。

 4月25日に武道館、27日に東京ドームでライヴを行い、29日、30日に東京ドームでも公演が控えている元ザ・ビートルズのポール・マッカートニー。
 ポールがはじめてソロ名義で東京公演を行ってから四半世紀が経つが、今なお現役で世界中のファンを感動させている。
 そんなポールの日本にまつわる話を紹介。

1.ベルリン公演の舞台に上げたのは日本人親子

 昨年6月に行われたアウト・ゼアー・ツアーのベルリン公演。日本からの参戦者もおり、会場も毎度のごとく大いに盛り上がった。
 そんなベルリンで開催されたコンサートでポールがステージに上げたのは現地のファンではなく、まさかの日本人親子。
 その親子はザ・ビートルズのアルバム『サージャント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のジャケットでポールとジョン・レノンが着ていた服のコスプレをしており、ポールの目に留まった。
 ちなみに日本人親子の父親が掲げていた横断幕には、「僕の息子がポールのために5日間学校を休んだんだ。だから欠席証明書にポールのサインがほしい」というものだった。

画像: 1.ベルリン公演の舞台に上げたのは日本人親子

2.日本公演が収益No.1に

 ポールのツアーは全世界で行われているが、日本はほかの国に負けないほど1回の動員数が多い。
2015年中頃に行われたコンサートで一番収益を得たのは、ワン・ダイレクションでもなくテイラー・スウィフトでもない、ポールのアウト・ゼアー・ツアー東京公演だったとPollstarが発表した。
 

画像: 2.日本公演が収益No.1に

3.大阪公演で世界初パフォーマンス

 2015年のアウト・ゼアー・ツアーの大阪公演では、はじめて新曲「ホープ・フォー・ザ・フューチャー」を披露。しかもポールは演奏前に「次は世界初公開」と日本語で紹介し演奏をした。
 この「ホープ・フォー・ザ・フューチャー」は、ゲーム『デスティニー』のために制作した楽曲。

画像: 3.大阪公演で世界初パフォーマンス

4.来日時、妻ナンシーのジャケットに注目

 2017年4月23日、数百人のファンに迎えられ妻のナンシーとともに来日を果たしたポール。そんな来日時にファンが注目したのは、ナンシーが着ていたブルーのジャケット。
実はこれ、1980年にポールがウイングスとして来日公演を行ったときのもので、ナンシーの胸には、「Japan Tour ‘80」と書かれている。
 このジャケットは約30年以上もの間、ポールが保管していたのかと話題になった。

画像: 4.来日時、妻ナンシーのジャケットに注目

5.武道館は特別な場所

 ポールにとって武道館は、1966年にザ・ビートルズが最初で最後の来日をしたときに公演した舞台。
 ビートルズが1965年に発売したアルバム『ヘルプ』に収録されている「アナザー・ガール」をライヴではじめて演奏したのも、武道館だった。

This article is a sponsored article by
''.