人気俳優のジョニー・デップを父親に持つリリー・ローズ・デップが来日を果たした。

シャネルのコレクションのために来日

 モデルや女優として活躍しているリリー・ローズ・デップは、5月31日に東京で行われるシャネル(Chanel)のコレクションのために来日。
 リリーは父親であるジョニー・デップらとともに来日を果たしたことはあったものの、単独では今回がはじめて。
 母親であるヴァネッサ・パラディが過去にシャネルのミューズとして起用されていたが、リリー・ローズはその遺伝子も引き継いでおり、現在同ブランドの広告塔として活躍している。

画像: シャネルのコレクションのために来日

警視庁のマスコットと撮影

 単独での再来日を果たしたリリー・ローズ。

 そんなリリー・ローズが来日してさっそく目をつけたのは、なんと、警視庁のマスコットであるピーポくん!

 リリー・ローズはフラワープリントのワンピースにシャネルのバッグを持って、ピーポくんファミリーが描かれたシャッターの前で撮影を行い、SNSに投稿していた。

画像: 警視庁のマスコットと撮影


 父親のジョニーが『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』のPRのため6月に来日するとウワサされているなか、娘のリリー・ローズは一足先に日本を楽しんでいる。

This article is a sponsored article by
''.