女優のエマ・ワトソンが大切な指輪を紛失。情報提供者には報酬を与えると、指輪の行方を捜すのを手伝ってくれるようファンたちに呼びかけた。

スパで大切な指輪を紛失

  映画『美女と野獣』の女優、エマ・ワトソンが肌身離さず身に着けていた大切な指輪をうっかり紛失。その行方を必死に捜している。

  今週火曜日(7月18日)、エマは自身のフェイスブックに「情報をくれた人にはお礼をします」という書き出しで指輪の写真とともに長文を投稿した。

画像: エマが投稿した写真(現在は削除済み)。

エマが投稿した写真(現在は削除済み)。

 その内容によると、先週末の日曜日の午後、ロンドンのハイドパークにある高級ホテル、マンダリン・オリエンタルに併設されているスパを訪れたエマは、いつも着けている3つの指輪を身に着けていたもの一式と一緒に更衣室ロッカー内の金庫に預けたものの、そのまま忘れて自宅に戻ってしまったという。
 指輪が無いことに気がついたエマは、すぐにスパに電話し、指輪の忘れ物が無いか確認してもらおうとしたものの、すでにスパは閉店。警備係が金庫内を探したものの、指輪は見当たら無かったと告げられたそう。

  

エマが必死に指輪を探している理由

 普段は物にはあまり執着が無いエマが、必死になってこの指輪を探しているのにはある理由が。それは、紛失した3つの指輪のうちの1つが、彼女が母親からプレゼントされた大切なものだったから。

 エマが「ほかの指輪だったら諦めがつくけど、これだけは特別で、自分が持っているなかでもっとも意味のある物なんです」と訴えているヴィンテージのシルバーの指輪は、エマの母親が、彼女が生まれた翌日に購入して以来、18歳の誕生日を迎えるまでずっと大切に身に着けていたという思い出のアイテム。

 母からこの指輪をプレゼントされたエマは、毎日この指輪を身に着けていたという。

画像: インスタグラムで公開している写真でも、小指によくこの指輪を着けていた。

インスタグラムで公開している写真でも、小指によくこの指輪を着けていた。

 そんな世界に1つしか無い指輪を失くしてしまったエマは、なんとしてでも母との絆の象徴である指輪を取り戻したいと、専用のメールアドレスまで用意して情報を募ることに。

 「もしも指輪の行方を知っている人がいたり、うっかり拾ったり、または盗ったりしてしまった人が居たら、何も聞かないから、とにかく知らせてください」と呼びかけていた。

 その後、しばらくしてエマはこの投稿を削除。現時点では、エマからはまだ指輪が見つかったかどうかの報せはないけれど、大切な指輪が彼女の元に戻ることを祈る。

This article is a sponsored article by
''.