米人気ロックバンド、リンキン・パークのボーカルのチェスター・ベニントンが41歳の若さで他界。首を吊ったことによる自殺だったと米メディアが報じている。

自宅で首を吊った状態で発見

2000年にデビューアルバムの『ハイブリッド・セオリー』が大ヒットを記録して以来、数々の名曲を残し、現在もオルタナティブ・ロック界を牽引し続けているバンド、リンキン・パーク。
 同バンドのボーカルを務めていたチェスター・ベニントンが、今週木曜日(7月20日)にロサンゼルスにある自宅で亡くなっているのが発見された。通報を受けて駆けつけた警察官によると、チェスターは首を吊った状態だったという。

11月には来日公演の予定も

 同バンドは、5月にリリースした最新アルバム『ワン・モア・ライト』を引っ提げた世界ツアーを約1週間後に控えていただけに、メンバーやファンたちのショックは計り知れない。

画像: 11月には来日公演の予定も

 11月2日~5日には、日本のロックバンド、ワン・オックロックとの競演が注目される千葉・幕張メッセでの来日公演も予定されているが、チェスターの急逝を受け、今後どのような対応がとられるのかは、現時点ではバンド側からの報告を待つしかない。

 報道を受け、バンドメンバーのマイク・シノダがツイッターを通じてチェスターの急逝に言及。

 「ショックで胸が張り裂ける思いです。でも、(報道は)事実です。準備ができ次第、公式声明を発表します」とコメントしているが、まだチェスターの死に困惑している状態で、今後については未定のようだ。

 チェスターには前妻と現在の妻の間に6人の子供が居り、以前はドラッグやアルコールへの依存に苦しめられていたものの、2009年のインタビューではいずれも克服したと話していた。

 冥福を心よりお祈りします。

This article is a sponsored article by
''.