過去に受けたセクハラ事件に関する裁判で今週、勝訴を果たしたテイラー・スウィフトが、裁判中にユニークな方法で自分を応援してくれていた企業に恩返しをした。

色つきメモで書かれたメッセージの数々

 今週、2013年に行ったコンサートの舞台裏で、元ラジオDJのデヴィッド・ミューラーからセクハラを受けたとする裁判に見事勝利した人気シンガーのテイラー・スウィフト

 6日間に及んだ裁判期間中、米コロラド州デンバーの裁判所に出廷していたテイラーに応援のメッセージを伝えようと、ユニークな取り組みをしていた企業が。

画像: 裁判中のテイラーの様子を描いた法廷画。

裁判中のテイラーの様子を描いた法廷画。

 その企業とは、裁判所の向いのビルにオフィスを構える、手芸や料理、写真、アートなどのクラフトに関する道具やオンライン講習などを提案するウェブサイト「クラフティ」

 女性が多く活躍することでも知られる同社の社員たちは、賠償金1ドル(約110円)と女性のプライドをかけて訴訟に挑むテイラーを勇気づけようと、色つき付箋(ふせん)の「ポストイット」を使い、テイラーの楽曲のタイトルや歌詞などを織り交ぜて、オフィスの窓にさまざまなメッセージを貼りだした。

「Free Tay!(テイラーを開放しろ!)」

画像1: 色つきメモで書かれたメッセージの数々

「Haterz (s) Gonna Hate(言いたい奴には言わせておけ)」―テイラーのヒット曲『シェイク・イット・オフ』の一節を引用して。

画像2: 色つきメモで書かれたメッセージの数々

「Are We Out of The Woods Yet?(困難は免れた?)」―テイラーのアルバム『1989』の収録曲「アウト・オブ・ザ・ウッズ」にかけて。

画像3: 色つきメモで書かれたメッセージの数々

「Begin Again(また始めよう)」―勝訴を受けて貼られた一節。テイラーの楽曲「ビギン・アゲイン」にかけて)。

画像4: 色つきメモで書かれたメッセージの数々

テイラーから反応が!

 彼らの応援メッセージは、しっかりとテイラーに届いていたようで、勝訴後、テイラ―からは、クラフティの社員たち宛てにたくさんの花束とお礼の言葉が届けられた。

画像: オフィスのレセプションデスクに飾られたテイラーからの花束。©Crafty

オフィスのレセプションデスクに飾られたテイラーからの花束。©Crafty

 社員たちはこのテイラーの恩返しに感動。「私たちのメッセージが、あなたが送ってくれたこの花たちのように、あなたの1日を明るくすることができたようでとても嬉しいです!」とテイラーの勝利を祝福し、お礼の言葉をツイートしていた。

This article is a sponsored article by
''.