来年にも公開が控えているマーベル社の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の女優スカーレット・ヨハンソンが、一般人男性との約3年の結婚生活に終止符を打った。

2度目の離婚が成立

 女優のスカーレット・ヨハンソンは、フランス人ジャーナリストのロメイン・ドリアックと正式に離婚したことを発表した。

 2012年にパリで出会い交際に発展し2人は、2014年に結婚。その後スカーレットは、1人娘のローズちゃんを出産している。

画像: ローズちゃんを抱くスカーレット

ローズちゃんを抱くスカーレット

 2008年から2011年にかけて、マーベル社の映画『デッド・プール』の主演俳優ライアン・レイノルズと結婚していたスカーレット。女優のブレイク・ライヴリーと幸せな結婚生活を送っているライアンとは反対に、2度目の離婚を迎えてしまった。

画像: ライアンと結婚していたとき

ライアンと結婚していたとき

 スカーレットとロメインの離婚原因はライフスタイルの違いなどと言われており、スカーレットは今年5月にニューヨークの裁判所に提出した離婚申請の書類で、「取り返しのつかないほど関係が悪化している」と明かしている。

『アベンジャーズ』仲間から密かなエール

 そんななか、スカーレットが離婚を成立させた12日、『アベンジャーズ』の共演者であるマーク・ラファロがSNSにスカーレットの写真を投稿。

画像: 『アベンジャーズ』仲間から密かなエール

 そこには、ハルク役を演じるマークとアイアンマン役を演じるロバート・ダウニー・ジュニアがスカーレットを挟んでハグし合う姿が写る。

 マークは「ハロー、ロバート・ダウニー・ジュニア&スカーレット」としかコメントを残していないが、このタイミングの投稿には、スカーレットに対するマークからのシンプルながらも深い愛が感じられる。

 スカーレットと元夫ロマンの関係は良好で、共同で娘の親権を持つ方向で合意している。

This article is a sponsored article by
''.