現在8作目まで公開している大人気映画『ワイルド・スピード』シリーズの、9作目の公開が1年延期となった。

 日本だけでなく世界中で熱狂的ファンを集めるメガヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズ。今年の4月に公開された8作目『ワイルド・スピード ICE BREAK』は、なんと全米と同時に公開された63ヵ国/地域も含む全世界で530億円超えという、全世界歴代オープニング記録第1位という驚異の数字を叩きだしている。

画像: 『ワイルド・スピード9』の公開日が1年延期、2020年春全米公開に

9作目の公開日が決定

 前作は、『ワイルド・スピード』シリーズのラスト3部作の1作目と言われており、残りはあと2作でフィナーレを迎えることになる。以前9作目の公開日は2019年の4月19日と公式発表されていた。

 そんななか、その公開が1年延期になり、改めて2020年4月10日に全米公開と公式発表された。

画像1: 9作目の公開日が決定

 以前主演を務めるヴィン・ディーゼルは、自身のインスタグラムにラスト3部作の公開日をアップしていた。この時は、9作目は2019年4月19日、ラストとなる10作目は2021年4月2日となっているが、この様子だと10作目も延期となる可能性が高い。

画像2: 9作目の公開日が決定

 ファンたちからは、楽しみにしている次作が1年先になってしまって残念に思う声もあがっていると共に、「待ちきれない」という温かい声であふれている。

This article is a sponsored article by
''.