人気モデルのクリッシー・テイゲンがSNSでまさかの胸ポロ!しかし「さすが、クリッシー」と言いたくなる秀逸コメントで批判を回避した。

 シンガーのジョン・レジェンドの妻でモデルのクリッシー・テイゲンが、人気SNSアプリのスナップチャットに投稿した動画の中で誤って「胸ポロ」をしてしまうアクシデントに見舞われた。

画像: 31歳人気モデル、SNSで「胸ポロ」するも秀逸コメントで批判を回避

 ほんの一瞬の出来事だったこともあり、「胸ポロ」に気づかず動画を投稿してしまったクリッシー。しばらく経ってからその事実を知った彼女は、自身のツイッターでこうコメント。

 「やっちゃった」

 なんと「おっとっと」「しまった」などの意味を持つ「Whoops(※)」というひと言でこの一件を処理。普通なら「胸ポロしたのにこれだけ!?」と思ってしまうが、非常におおらかな性格で知られるクリッシーだけに、彼女のこの発言を批判するファンはいなかった。

 ※「Whoops」と「Oops」は同じ意味。

 ちなみに、問題の動画はこの一件が発覚してすぐにクリッシーのアシスタントが削除。その際のやりとりをスクリーンショットで撮影したものを自身のツイッターで公開し、「ハリウッドでアシスタントをやるってこういうことよ」とコメントした彼女は、さらにその後、冗談交じりに今回の一件について謝罪した。

 「私の家族や友人、私を知るすべての人たちを失望させてしまいました。私には乳首があります。私はそのことを誇りに思っていません。それをみんなが見てしまったことを謝罪します。私には乳首があるの。ごめんなさいね」

 かなりふざけたコメントではあるが、そこは誰からも愛される人柄が魅力のクリッシー。一歩間違えれば大騒動になっていたところを、最後まで彼女らしいやり方を貫き“お咎めなし”となった。

This article is a sponsored article by
''.