ジェシカ・シンプソンの愛娘がお気に入りだというお店に一部で批判の声が上がっている。賛否両論のその理由とは一体!?

 人気シンガーのジェシカ・シンプソンが、またもや「母親はこうあるべき」という価値観を押しつけて一方的に批判する「マム・シェイミング(Mom-Shaming)」の対象となってしまった。

5歳児が化粧をするのはアリ?ナシ?

 今年のハロウィンに家族みんなで仮装をした際に、5歳になる愛娘のマックスウェルちゃんの髪の毛を「染めたのではないか?」と疑われて批判をされてしまったジェシカ。今度は、マックスウェルちゃんの化粧を巡ってまたもや論争が起きている。

 つい先日、ジェシカが自身のインスタグラムに「(化粧品ブランドの)MACはマックスウェルのお気に入りの店なの!今日は母と娘水入らずの日よ」というコメントつきで、愛娘とのツーショット写真を投稿したところ、それを見た一部のファンから「(MACは)5歳児のお気に入りの店としてふさわしくない」といった指摘をされてしまった。

画像1: 5歳児が化粧をするのはアリ?ナシ?

 また、マックスウェルちゃんがリップをぬっていたことに対して、「こんな幼い子にお化粧をさせるなんて言語道断」という声もいくつか聞かれた。

 幼児が化粧をすることの可否は以前から議論になってきたテーマであり、これまでにも様々なところで賛否両論を巻き起こしてきた。

 ちなみに、ジェシカは約3年前にもマックスウェルちゃんがリップをぬった写真をSNSに投稿していたのだが、その時は好意的な意見がほとんどだった。

画像2: 5歳児が化粧をするのはアリ?ナシ?

 今回の一件では、化粧をしていたことよりも、「お気に入りの店」という部分に引っかかってしまった人が多かったのかもしれない。

This article is a sponsored article by
''.