これは、ある少年とおばあさんの友情の話。彼らの友情に、肌の色や年齢は関係なかった。

 22歳のスペンサーという少年が、住んでいるところも違い、これまで何の接点もなかった81歳のロザリンドンというおばあちゃんと友達になった。

 2人がどうしてこんなにも仲良くなったかと言うと、それはオンラインゲームを通じて。

画像: 300回以上の戦いの末、年齢や肌の色を超えて仲良くなった2人の話

 昨年の8月にオンライン上で出会った2人は、すでに300回以上もゲームで対戦している、言わばライバル同士。

 そんな多くの対戦を経て2人は友達に。そしてジョーダンは12月に、飛行機に乗ってロザリンドンに会いに行った。
 そのとき公開した写真に注目が集まっている。

画像1: © Filth800

© Filth800

 「昨年の夏、80歳の女性と(オンラインゲーム)Words With Friendsで出会ったんだ。僕たちは300回以上対戦していて、最終的には僕の良い友達になったよ。そして今日、フロリダに行って実際の彼女に会ってきたんだ」と、ついに念願対面を果たしたことをツイッターで報告。

 すると、24万件以上もリツイートされることに。

画像2: © Filth800

© Filth800

画像3: © Filth800

© Filth800

 オンラインゲームからはじまったスペンサーとロザリンドンの友情。
 今も人種差別問題が絶えないなか、人種、年齢、性別も超えたスペンサーとロザリンドンの美しい友情に注目が集まっている。

This article is a sponsored article by
''.