モデルのベラ・ハディッドがドレスアップしたままデモ行進に参加して話題になっている。

 現地時間の12月8日(金)、英ロンドン市内で行われたパレスチナ系の人々によるデモ行進。ドナルド・トランプ米大統領がイスラエルの首都にエルサレムを認定(※)したことに対する抗議活動のために行われたデモだったのだが、そのなかにひと際目立つ美女の姿が…。

 ※エルサレムはイスラエルとパレスチナの両国にとって、宗教的な聖地であり、これまでその位置付けをめぐって激しく対立してきた。

画像1: デモ行進でひと際目立つ美女…その驚きの正体とは?

 と思ってよく見たら、今年最も多くの雑誌の表紙を飾った人気モデルのベラ・ハディッド(21)ではないか!

画像2: デモ行進でひと際目立つ美女…その驚きの正体とは?

 でもなぜ彼女がこのデモに?

 実はベラの父モハメド・ハディッドはパレスチナにルーツを持つ移民。そんな彼女にとって、イスラエルの首都問題は他人事ではないのだ。

画像3: デモ行進でひと際目立つ美女…その驚きの正体とは?

 トランプ大統領の「エルサレム首都宣言」が大きく話題になった時には、自身のインスタグラムで「パレスチナ人に対する扱いは不当すぎます。(中略)私はパレスチナの人々のために立ち上がります」と長文のコメントを発表していた。

画像4: デモ行進でひと際目立つ美女…その驚きの正体とは?

 この日、ロンドンで高級時計ブランド「タグホイヤー」の旗艦店のオープニングセレブレーションに出席していたベラは、車で帰る途中にたまたまこのデモ行進に遭遇。

画像5: デモ行進でひと際目立つ美女…その驚きの正体とは?

 進路を阻まれてしまたことをきっかけに車を降りると、ほんの数分だけではあったが、人々と一緒に拳を突き上げて抗議の声を上げたという。

This article is a sponsored article by
''.