人気セレブからのラブコールが止まらないカリスマメイクアップアーティストのハン・ヴァンゴがつくる、究極のすっぴん風メイクの極意とは?

「究極のすっぴん風メイク」を作る2つの秘訣

 セレーナ・ゴメスやエミリー・ラタコウスキー、ジェニファーロペスなどの人気セレブのメイクを担当するメイクアップアーティストのハン・ヴァンゴ。

Hung Vanngoさん(@hungvanngo)がシェアした投稿 -

 アワードなどの大事な大舞台に出席するセレブを陰で支える、カリスマアーティストのハンが、得意の「すっぴん風メイク」の極意を米W誌に明かした。

 ハンの作るすっぴん風メイクでポイントとなるのは2つ。

肌はキレイな状態に

 まずは、肌をキレイな状態にしておくこと。メイクを始める前に、軽いつけ心地のセラムを塗り、その上からモイスチャライザーで顔全体をマッサージすること。そしてアイクリームとリップバームをつけて、よりよい肌の状態にしておくと、メイクのノリも良くなるという。

Hung Vanngoさん(@hungvanngo)がシェアした投稿 -

パウダーは避けるべし

 素顔感を出すためにも、厚塗り感が増すパウダー類は控えめにするのがベター。ただ、クリーム系コスメだけだと化粧崩れが気になりやすくなるので、パウダーで固定するのも重要。そこでポイントは、“控えめに”にパウダーをのせること。
 コスメをつける時は軽いタッチで優しく肌に置いてあげることで、つけすぎを予防できる。

Hung Vanngoさん(@hungvanngo)がシェアした投稿 -

 この2つをベースに、暖かい日はチークやブロンザーをいつもより少し多めにつけて顔に色味を足すと◎。
 さらに寒空の冬は、チークやブロンザーの代わりにリップで顔を明るくすると、より季節感がでる。

画像: 「究極のすっぴん風メイク」を作る2つの秘訣

 いつものメイクのルーティーンを少し工夫するだけで、セレブ級の究極のすっぴん風メイクが出来るので、試してみる価値アリ。

This article is a sponsored article by
''.