スターバックスで働いているある母親が、仕事の間に面倒を見てくれる人が見つからずに困っていた。そこで店側がとった行動とは?

 アメリカのスターバックスで働くシャンタフェという女性は、働きながら子育てをしているワーキングマザー。彼女はいつも出勤前に子供のディリンちゃんをシッターに預けているが、その日は、子供の面倒を見てくれる人がいなかった。
 出勤時間が迫りどうしていいかわからなくなったシャンタフェは、職場のスーパーバイザーであるハーパーに電話をかけた。

画像: スターバックスで働く母、子守がおらず困っていたときの店の対応に感動

 ハーパーはそのときのやり取りについて、米TV番組Todayに語った。その日、動揺していた彼女は泣きながら店に電話をし、「バックシートにディリンがいるんです。連れて行ってもいいですか?」と聞くと、ハーパーは「大丈夫だよ。私はあなたが必要なんだ。僕たちがディリンの世話をするよ」と、スターバックスの店でスーパーバイザー自らが子守をすると申し出たという。

画像1: ©Harper Spell

©Harper Spell

画像2: ©Harper Spell

©Harper Spell

画像3: ©Harper Spell

©Harper Spell

 さらに朝のラッシュ時には、常連客の警察官までもが加わって、ディリンちゃんの子守をしたそう。

画像4: ©Harper Spell

©Harper Spell

 シャンタフェはこの日のことを、「とても驚きました。私はスターバックスファミリーがいて本当に恵まれています」とTodayにコメントした。

This article is a sponsored article by
''.