モデルのクリッシー・テイゲンが、ビヨンセに会った時に取ってしまった恥ずかしい行動を明かした。

 世界的シンガーのビヨンセは、同じスポットライトにあたるセレブたちも神様のように崇めるほどの存在。そんななか、第60回グラミー賞授賞式に出席したモデルのクリッシー・テイゲンが、ビヨンセに会った時のことを人気トーク番組で話した。

画像1: 人気セレブがビヨンセを目の前にして取った「恥ずかしすぎる」行動とは?

 そこで司会者のジミーに「グラミーで会ったセレブで大興奮した人はいた?」と聞かれたクリッシーは、「ビヨンセに会う時の気持ちっていうのは他の人とは比べものにならないわ。彼女のオーラは本当にすごいの」と明かした。

 そこでクリッシーはグラミー会場から帰る際、夫のジョン・レジェンドに「ビヨンセとジェイ・Zに何か言わなきゃダメよね?」と相談して、挨拶することにしたというクリッシー夫妻。ジョンとジェイ・Zは握手をしてカジュアルに話す横で、あのビヨンセを目の前にしたクリッシーは、普段絶対にやらない行動に出てしまった。

画像2: 人気セレブがビヨンセを目の前にして取った「恥ずかしすぎる」行動とは?

 なんとクリッシーは、ビヨンセの両手を握ってひざまずき、「邪魔してごめんなさい、女王様」と言ってしまったそう。その時のことについて、「こんなこと絶対にやらないの! ジョンは『一体何してんの?』って感じだったし、私ったら誰になっちゃったの? って思ったわ」と振り返ったクリッシー。

 とてもフレンドリーで誰と接しても仲良くなれるクリッシーだけれど、ビヨンセだけは例外だったそう。そんなクリッシーさえも緊張させてしまうビヨンセの圧倒的オーラは、やっぱりさすがの一言。

This article is a sponsored article by
''.