映画 SING シング スカーレット・ヨハンソン

 Photo: ©Universal Studios

 『ミニオンズ』、『ペット』と立て続けに大ヒット作を生み出しているユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントが贈るアニメーション映画最新作『SING/シング』が、IMAX®3D(字幕スーパー版)で上映されることが決定した。

 

超豪華スターが夢の共演

 『SING/シング』は第74回ゴールデングローブ賞2部門にノミネートされ、アメリカでは昨年12月に公開するとたちまち大ヒット。

 世界興行収入が約552億を記録するほどの現象を巻き起こしている本作は、マシュー・マコノヒー、 リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン、トリー・ケリー、ジェニファー・ハドソンといった豪華スターが夢の共演を果たし、歌声を披露することで世界中から注目を集めている。

 

レディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダーも楽曲提供

 大切な劇場を立て直すために、コアラのバスター・ムーンが思いついたのは…たくさんの動物たちに向けた“歌のオーディション”。本編で流れる楽曲を提供したのは、フランク・シナトラ、ビヨンセ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガ、スティーヴィー・ワンダーなど、グラミー賞受賞総数100を超えるそうそうたるアーティストたち。

 誰もがどこかで耳にしたことのあるヒットソングや名曲が使用され、その数なんと60曲以上。誰もがきっと歌いだしたくなり元気になれる、子供も大人も楽しめるミュージック・エンターテインメントとなっている。

 

 『SING/シング』は3月17日(金)より日本公開される。最新情報は公式サイトより確認して。

『SING/シング』

監督/脚本:ガース・ジェニングス

出演:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソン他

配給:東宝東和

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.