2016年11月14日、世界各国で見られた美しいスーパームーン。

 スーパームーンとは、月が地球に最も接近した際に満月と重なる時期に見られる巨大な満月。そのため毎年見ることが出来るが、なかでも2016年は、スーパームーンの中でも特別な「エクストラ・スーパームーン」や「ウルトラ・スーパームーン」が見られた特別な年。

画像: ケイティやカーラもうっとり、68年ぶりの「エクストラ・スーパームーン」

 通常地球と月は約40万キロ離れているが、この日は約35万キロまで接近し、なおかつ満月という好条件がそろいエクストラ・スーパームーンと呼ばれる月が見えた。

 通常の満月より14%大きく、明るさにいたっては30%増し。この条件がそろったのはなんと68年ぶりの出来事。

 そんなエクストラ・スーパームーンをセレブたちも堪能していた。

画像: シンガーのケイティ・ペリーは、「私たちは深夜に表れる」と、月の絵文字と共に投稿。

シンガーのケイティ・ペリーは、「私たちは深夜に表れる」と、月の絵文字と共に投稿。

画像: モデルであり女優のカーラ・デルヴィーニュは、「スーパームーンよ」と、街の明かりに負けないくらい強い光を放っている美しい月の写真を投稿した。

モデルであり女優のカーラ・デルヴィーニュは、「スーパームーンよ」と、街の明かりに負けないくらい強い光を放っている美しい月の写真を投稿した。

画像: モデルのナオミ・キャンベルは、街を照らす美しい月の絵と共に「#美しい #スーパームーン #1948年以来の大きさ」と、ハッシュタグをたくさん使って。

モデルのナオミ・キャンベルは、街を照らす美しい月の絵と共に「#美しい #スーパームーン #1948年以来の大きさ」と、ハッシュタグをたくさん使って。

画像: ドラマ『グリー』の女優リア・ミシェルは、夜空に向かって打ち上げ花火を放つ動画をアップ。煌びやかな花火とスーパームーンのコラボレーションが美しかった。

ドラマ『グリー』の女優リア・ミシェルは、夜空に向かって打ち上げ花火を放つ動画をアップ。煌びやかな花火とスーパームーンのコラボレーションが美しかった。

画像: リアリティスターでデザイナーのニコール・リッチーは、月の動画や画像をアップして68年ぶりのエクストラ・スーパームーンに惚れ惚れ。

リアリティスターでデザイナーのニコール・リッチーは、月の動画や画像をアップして68年ぶりのエクストラ・スーパームーンに惚れ惚れ。

画像: 女優のヴィクトリア・ジャスティスは、「私が撮れた最もいい写真」と、写真のレイアウトもバッチリでカメラ上級者の腕前を披露。

女優のヴィクトリア・ジャスティスは、「私が撮れた最もいい写真」と、写真のレイアウトもバッチリでカメラ上級者の腕前を披露。

 ツイッター上でも話題で、「SuperLua2016」という言葉が世界トレンドに7時間もランクイン。

 次に同じくらい大きなエクストラ・スーパームーンが見ることが出来るのは、2034年。まだ先とは言え、今回見られなかった人は68年も待たなくていいのでご安心を。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.