映画『ワイルド・スピード』シリーズの俳優ドウェイン・ジョンソンが、People誌が選ぶ2016年版「最もセクシーな男性」に選ばれた。

 これは毎年People誌が発表しているもので、白人以外の男性が「最もセクシーな男性」に選ばれるのは、1996年に俳優のデンゼル・ワシントンが受賞して以来のこと。

画像1: 20年ぶりの快挙!2016年版「最もセクシーな男性」はドウェイン・ジョンソン

 ドウェインはこの冠に輝いた時の様子を、「『最高だ』って言ったよ。どれだけクールでワクワクすることかと思った」と、People誌でコメントしている。

 また自身のツイッターに、「朝4時に起きて、ハードなトレーニングをして、子供たちの世話をし続けている…セクシーにな。People誌とファンのみんなに感謝しているよ。愛に感謝! #最もセクシーな男性」と語っているほか、インスタグラムではセクシーさの秘訣をこう語っている。

画像2: 20年ぶりの快挙!2016年版「最もセクシーな男性」はドウェイン・ジョンソン

「覚えておいてほしいのは、セクシーというのは『なろうとしてなる』ものじゃないってことだ。セクシーさというのはありのままの自分に満足しているときに、自然に出るものだから。

 信じてくれ、俺はこの道のエキスパートだ。(それに、俺は8歳のときに『セクシーで上手なキスをする男になる方法』のガイドを読んでいたしな)」

 しかし、今回ドウェインが「最もセクシーな男性」に選ばれたことについて、SNSでは賛否両論が。

セレブの反応は?

画像: セレブの反応は?

ザック・エフロン(映画『ベイウォッチ』でドウェインと共演した俳優)

「君の人柄はこの上なく魅力的だ。素晴らしい筋肉の下には、思いやりの心がある。『最もセクシーな男性』におめでとうを言うよ。愛しているよ、親友!」とべた褒め。

画像: サラは2007年の映画『サウスランド・テイルズ』でのドウェインとの1シーンをアップ。

サラは2007年の映画『サウスランド・テイルズ』でのドウェインとの1シーンをアップ。

サラ・ミシェル・ゲラー(映画『サウスランド・テイルズ』でドウェインと共演した女優)

「私の友人、ドウェイン・ジョンソンがPeople誌の「最もセクシーな男性」に選ばれたことをお祝いするわ。その優しさやユーモア、そしてダンスの腕前はあなたを唯一無二の存在にしているわ」

画像: エレン・デジェネレス(トーク番組『エレンの部屋』の司会者でコメディアン)

エレン・デジェネレス(トーク番組『エレンの部屋』の司会者でコメディアン)

「毎日誰かに、あなたは「最もセクシーな男性」だって言ってるわけじゃないけれど、私がドウェイン・ジョンソンにそう言うときは、いつも本気で言っているわ」

 このほか、映画『カリフォルニア・ダウン』でドウェインと共演したコルトン・ヘインズなどからも祝福のコメントが届いている。

一般人からは厳しいコメントも

 一般の人たちからも、「本当にセクシーだから当然よ」「ついに選ばれたのね!」「内面も外見も美しいわ」といった彼の選出を喜ぶコメントが数多く投稿されているものの、中には厳しい意見も。

画像: 一般人からは厳しいコメントも

「『最もセクシーな男性』がドウェイン・ジョンソンって、本気なの?ザ・ロック(ドウェインの愛称)ね…まあ別にいいけど」

「どうやって彼が選ばれたのかしら?そんなに男の人って不足していたっけ?誰が投票してるの?」

「まさか!本当に?彼は良い人そうだけれど…もっともセクシーな男性かな?そうは思えないわ…」

「マジで?彼って日焼けした卵みたいじゃん」

 これまでの「最もセクシーな男性」とはちょっとタイプが違うので、戸惑う人も出てきているよう。では、これまでに選ばれた人たちはどんなメンバーなのか?

People誌「最もセクシーな男性」

最近10年間に、「最もセクシーな男性」に選ばれた男性がこちら。

画像: 2006年 ジョージ・クルーニー(映画『オーシャンズ11』の俳優)

2006年 ジョージ・クルーニー(映画『オーシャンズ11』の俳優)

画像: 2007年 マット・デイモン(映画『オデッセイ』の俳優)

2007年 マット・デイモン(映画『オデッセイ』の俳優)

画像: 2008年 ヒュー・ジャックマン(映画『ウルヴァリン』の俳優)

2008年 ヒュー・ジャックマン(映画『ウルヴァリン』の俳優)

画像: 2009年 ジョニー・デップ(映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の俳優)

2009年 ジョニー・デップ(映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の俳優)

画像: 2010年 ライアン・レイノルズ(映画『デッドプール』の俳優)

2010年 ライアン・レイノルズ(映画『デッドプール』の俳優)

画像: 2011年 ブラッドリー・クーパー(映画『アメリカン・スナイパー』の俳優)

2011年 ブラッドリー・クーパー(映画『アメリカン・スナイパー』の俳優)

画像: 2012年 チャニング・テイタム(映画『マジック・マイク』の俳優)

2012年 チャニング・テイタム(映画『マジック・マイク』の俳優)

画像: 2013年 アダム・レヴィーン(バンド、マルーン5のボーカル)

2013年 アダム・レヴィーン(バンド、マルーン5のボーカル)

画像: 2014年 クリス・ヘムズワース(映画『マイティ・ソー』の俳優)

2014年 クリス・ヘムズワース(映画『マイティ・ソー』の俳優)

画像: 2015年 デヴィッド・ベッカム(元サッカー選手)

2015年 デヴィッド・ベッカム(元サッカー選手)

 白人のイケメンを中心に選ばれてきたこのリストに今回、ドウェインが追加された。

 一部ではこの選出に批判が出ているものの、人種の多様性を認めようという動きが高まる近年、これまでとは違ったタイプであり、サモア系と黒人のハーフであるドウェインが選ばれたというのはとても喜ばしいことだ。

画像: 映画『ベイウォッチ』撮影中のドウェイン。

映画『ベイウォッチ』撮影中のドウェイン。

 ドウェインは今年の「世界で最も稼ぐ俳優」の1位にも輝いており、それに続いて「最もセクシーな男性」の称号を獲得。さらに11月14日からは、声優を務めたディズニー映画「モアナと伝説の海」が全米で公開と、今年はドウェインの活躍が目立っている。

【関連記事】世界で最も稼ぐ俳優トップ10が発表に 今年度の1位は最近話題の意外なあの人!

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.