11月6日にアメリカのケープコッドにある病院で生まれた双子が、とある理由からたくさんの人を混乱させている。

画像: 双子の赤ちゃん、あとに生まれた弟のほうが年上に!なぞなぞのような出来事が発生

 事の発端は、ケープコッドの病院がFacebookにアップした、

「本日の謎:サミュエルは先に産まれましたが、彼の弟のローナンの方が年上です。どうしてそんなことが起こったのでしょうか?」

という投稿。

 その投稿によると、双子の赤ちゃんの1人であるサミュエルくんが11月6日の午前1時39分に誕生。その31分後にローナンくんが産まれたにもかかわらず、ローナンくんが産まれた時間は午前1時11分なのだという。

 一体なぜこんなことが起こったのか?

答えは、サマータイム

 その答えは、この日に「サマータイム」が終わったから。これはアメリカやカナダ、ヨーロッパなどで導入されている制度で、夏などの日照時間が長い期間に時計を1時間進めて、日光を有効に使って生活を送るというもの。

画像: 答えは、サマータイム

 少しややこしい話ではあるけれど、なんとサミュエルくんが産まれた21分後の午前2時にサマータイムが終了。時計を午前2時から午前1時に戻すことになり、その10分後に生まれたローナンくんが誕生した時間が、午前1時10分になってしまったということ。

 もしもサマータイムが終わっていなければ…

 午前1時39分 サミュエルくん誕生

 ↓31分後

 午前2時10分 ローナンくん誕生

 サマータイムが終了した今回のケース

 午前1時39分 サミュエルくん誕生

 ↓21分後

 サマータイム終了で時計の針が午前1時に戻される

 ↓10分後

 午前1時10分 ローナンくん誕生(サミュエルくん誕生から31分後)

「こんなことが起こったのは初めて」

 病院のナースもこれにはびっくりで、「40年間ナースとして働いてきて、こんなことが起こったのは初めて」だとFacebookでコメント。

画像: サミュエルくんとローナンくんの両親。

サミュエルくんとローナンくんの両親。

 またサミュエルくんとローナンくんの母親も、「2人が(日をまたいで)別々の日に生まれるか、サマータイムの影響を受けるかもしれない」とは考えていたものの、まさか「時間のねじれ」のようなことが起こるとは思っていなかったと、メディアサイトBustleで語っている。

 「サマータイム」と「双子」という2つの要素が組み合わさり起こった、まさかの出来事だった。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.