世界中のファンから今もなお愛されている故マイケル・ジャクソン。彼の長男であるプリンス・ジャクソンが、父親であるマイケルの姿を体に刻んだ。
画像: Photo:スプラッシュ/アフロ、ニュースコム、Instagram/ Paris Jackson, Prince Jaclsom

Photo:スプラッシュ/アフロ、ニュースコム、Instagram/ Paris Jackson, Prince Jaclsom

右足に輝くタトゥー

 プリンスの右足に刻まれたタトゥーは、足をクロスさせ手を空高く掲げる今にも踊りだしそうなマイケル。そしてマイケルの代名詞でもあるキラキラ輝くソックスや手袋がタトゥーされており、細部までこだわりを見ることができる。

 このタトゥーの完成度の高さにはプリンスも大満足のようで、「細部まで素晴らしい」とコメント。タトゥーに要した時間は、9時間だっという。

画像1: Instagram投稿の投稿者: Prince Jacksonさん 日時: 2017  4月 1 5:59午前 UTC www.instagram.com

Thanks @dermagraphink for sittin 9hrs with me for such an incredible and beautiful tattoo. I will be posting more of this

A post shared by Prince Jackson (@princejackson) on

Instagram投稿の投稿者: Prince Jacksonさん 日時: 2017 4月 1 5:59午前 UTC

www.instagram.com

妹のパリスもマイケルのタトゥーが

 プリンスの前には妹のパリス・ジャクソンが、亡き父のタトゥーをゲットしている。彼女が選んだデザインは、1991年に発売されたアルバム『デンジャラス』のジャケット写真の一部である目のイラストや、手書きで書かれた文字を転写したものだった

画像: 妹のパリスもマイケルのタトゥーが

This article is a sponsored article by
''.