アメリカ大統領選の期日前投票が始まりセレブもそれに参加するなか、シンガーのジャスティン・ティンバーレイクが法に触れる失敗をしてしまった。

 昨日、LAから地元テネシー州まで飛んで投票所に足を運んだジャスティンは、投票所で撮ったセルフィーをインスタグラムに投稿。

「君の住んでいる街でも期日前投票をやっているかもしれないよ。やっていなければ、(投票日)は11月8日だからね! 意見を持つために選ぶんだ! 参加しないと、君の声は聞こえないよ! 投票に行こう! #投票の権利を行使しよう」というコメントを添えた。

画像: ジャスティンが投票所から投稿した写真。

ジャスティンが投票所から投稿した写真。

 ただ、テネシー州では投票所で写真を撮るのは軽犯罪行為。起訴されれば30日間の実刑または50ドルの罰金が科せられる。

 この件に関してテネシー州の地区検事長は、「州の選挙法に違反があった可能性があると認識しています」と声明を出したが、現時点で捜査は行っていないという。

 善意からの行為だっただけに今回は処罰を免れそうだけれど、危うく裁判所のお世話になることに。ルールには気をつけよう。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.