モデルのソフィア・リッチーとのロマンスに対してファンからブーイングが出たことを受けて「インスタグラムを非公開にする」と予告していたシンガーのジャスティン・ビーバーが、先ほど、アカウントをシャットダウンした。
画像1: ジャスティン・ビーバーがインスタを解除し、セレーナが「自己中だった」と謝罪

 現在ジャスティンのアカウントに飛ぶと、「このページはご利用いただけません」というメッセージが表示されるのみ。非公開にした場合は「このアカウントは非公開です」と表示されるため、ジャスティンは非公開を通りこしてアカウントを削除または解除したよう。

画像2: ジャスティン・ビーバーがインスタを解除し、セレーナが「自己中だった」と謝罪

セレーナは「自己中だった」と反応

 するとこれに対し、元彼女でありジャスティンの「非公開にする」という発言を「悪口が手に負えないっていうのなら、彼女との写真を投稿するのをやめればいいのよ(笑)」とたしなめていたシンガーのセレーナ・ゴメスが即反応。

 スナップチャットに、「私が言ったことは自己中だったし意味がなかったわ」というコメントを投稿した。

画像: セレーナが投稿したコメント。

セレーナが投稿したコメント。

 ジャスティンの「非公開にする」という発言につっこみを入れたものの、さすがに解除という思い切った行動に、セレーナも後悔をにじませているよう。

 インスタグラムは一時停止しても利用を再開することはできるが、この言葉は、ジャスティンに届くのか?

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.