シンガーのセリーヌ・ディオンの人生において、欠かすことができない存在。それが、2016年1月にがん闘病の末に他界した、セリーヌの元マネージャーであり夫のレネ・アンジェリル。

 ステージで夫を追悼するたびに涙を流しながら、ビルボード・ミュージック・アワードに出席してTV復帰も果たしたセリーヌ。

 キャリアとプライベートの両面で35年以上もパートナーとして連れ添ってきたセリーヌとレネの愛の物語を振り返る。

12歳のセリーヌを発掘

 セリーヌとレネの出会いは、セリーヌが12歳だった時。当時38歳だったレネはセリーヌの歌声を聴くとすぐに彼女の才能を確信し、それから、二人三脚での音楽活動が始まった。

 レネはセリーヌのデビューアルバムの制作費を捻出するために自宅を抵当にまで出し、すべてをセリーヌの成功にかけたという。そんな2人が恋愛関係に発展したのは、セリーヌが19歳の頃。

 26歳差という間柄には疑問の声もあがったというが、2人を止められる者は誰もいなかったと、セリーヌ自身が2013年に米Access Hollywoodに語っている。

画像: 12歳のセリーヌを発掘

  「17歳から18歳の頃、彼に対する気持ちに変化が起きたの。彼のことを違った目で見るようになったのよ。手短に言うと、(自分の母親も)こうなるって分かっていたらしいわ。(中略)母には選択肢がなかったしね。私たちの愛が勝ったのよ」―セリーヌ

画像: 2003年に記者会見の舞台裏でイチャつく2人。

2003年に記者会見の舞台裏でイチャつく2人。

トップスターとマネージャーの結婚

 そしてセリーヌは、レネのマネージメントに支えられながら、1990年代に大ブレイク。セリーヌは世界的歌姫になるのだが、それほどの成功を前にしても、絆は変わらなかった。

 2人は1991年、極秘で婚約。3年後にはカナダで結婚式を挙げ、セリーヌが挙式で身に着けた約5キロものダイアモンドのヘッドピースは、当時大きな話題となった。2人は結婚中に双子の男児をもうけていて、彼らは今年で6歳になる。

画像: 夫妻には15歳の長男と、今年6歳になる双子の男児がいる。

夫妻には15歳の長男と、今年6歳になる双子の男児がいる。

結婚生活のヒケツは「コミュニケーション」

 セリーヌとレネの絆は、結婚を機にさらに深まる。レネはマネージャーとしてセリーヌが最高のコンディションで歌えるための舞台をつねに用意し、セリーヌを笑わせられるのはいつもレネだった。

 セリーヌはレネとの関係の素晴らしさについて、2013年に米エンタメサイトRobin Leach's Vegas DeLuxeで触れている。

 「私たちはよく笑うわ。冗談も言う。いつもふざけ合っているし。お互い、この結婚を一生ものにしたいと思っているの。全てのことについてきちんと話し合えば、いつもハネムーンな気分でいられるわよ。コミュニケーションを取ること。それが最も重要なことよ」―セリーヌ

画像: レネは公式イベントでもセリーヌに同行した。

レネは公式イベントでもセリーヌに同行した。

仕事よりも夫の看病を優先

 何が起きても揺るがなかったセリーヌとレネの結婚生活に衝撃が走ったのが、1998年に起きたレネの食道がん宣告。この日から夫妻の長い闘病生活が始まり、セリーヌはたびたびツアーを延期するなどして、献身的にレネを看病した。

 レネは2014年には治療に専念するためにマネージメント業から退き、セリーヌも無期限で活動を休止するが、そんなセリーヌに復帰するよう最も求めたのは、レネ自身だったという。セリーヌは仏Taste of Life誌で、そう語っている。

 「レネはチャンピオンよ。私は生涯をかけて彼を愛してきたわ。うぬぼれていると思われたくないんだけど、私は彼の一番好きなシンガーなの。そして彼は、再びステージの上で歌う私の姿を見たがっているのよ!」―セリーヌ

セリーヌがレネと交わした約束

 そんなレネに押され、セリーヌは2015年3月に仕事復帰。当時セリーヌは、米PEOPLE誌でレネの闘病生活に触れ、「ひざがガクガクになっていいのは最後だけよ。愛する人が倒れて助けを求めている時は、泣いている場合じゃないわ。それは後からすればいい。今は違うの」と気丈に語っている。

 同時にレネとのある約束について、こう明かした。「彼に『怖い? 分かるわ。私に話して』って言ったの。彼はこう言ったわ。『君の腕の中で死にたい』って。だから、『分かった。私はその場にいる。あなたは私の腕の中で死ぬわよ』って言ったわ」。

 レネは2016年1月、セリーヌが制作中の15枚目のフランス語アルバムの完成を見ることなく、74歳の誕生日を迎える2日前に死去した。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.