今年の4月は大物海外アーティストが続々来日。まず先陣を切り来日したのは、エアロスミスのフロントマンとして知られるスティーヴン・タイラー。

 ソロとして来日して、4月8日にZepp Osaka、4月11日に武道館でライヴを行った。

画像: リアーナとクリスの次はスティーヴンが来日!今月来日する大物セレブはあと何人?

「桜の季節に来れてうれしい」

 2013年にエアロスミスとして来日して以来、日本には来ていなかったスティーヴン。

 前回の来日時には、大阪で路上ライヴに飛び入り参加する姿が話題を呼んだ。

 そして今回、最新ソロアルバム『サムバディ・フロム・サムウェア』を引っさげて約4年ぶりの来日を果たしたスティーヴンは、4月10日に『スッキリ』に出演した際に、「桜の季節に来られてうれしいよ」とコメント。

 日本にいる間は、金閣寺に訪れ京都で花見をしたことも同番組内で明かした。そして東京では渋谷のセンター街で買い物している姿など、目撃情報が絶えなかった。

画像: 「桜の季節に来れてうれしい」

大物アーティストが続々来日

 そしてスティーヴンの公演に続くように、4月は大物アーティストの来日が続く。

 スティーヴンに続いて武道館で13日14日に通算9つのグラミーを受賞しているシンガーのノラ・ジョーンズが来日公演を行った。

 さらに21日22日にはUKロックシーンのレジェンドであるザ・ストーン・ローゼズが、そして元ザ・ビートルズのポール・マッカートニーが武道館でライヴを行う。

画像1: 大物アーティストが続々来日

 また、4月19日にはコールド・プレイの来日公演が東京ドームで控えている。

画像2: 大物アーティストが続々来日

 今月はすでにリアーナの極秘来日や、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』のプレミアイベントのためクリス・プラットの来日などがあり、セレブの来日に沸いている日本。

 まだまだ海外アーティストの来日ラッシュは続く。

This article is a sponsored article by
''.