ワールドツアーのためインドを訪れたジャスティン・ビーバー、大勢の警備に囲まれる移動は一苦労。

 現在アルバム『パーパス』を引っさげてワールドツアーを行っているジャスティン・ビーバー。自身初となるインド公演が、現地時間5月10日に行われた。
 そんなジャスティンは当日の午前1時30分ごろにムンバイの空港に自家用ジェットで到着。空港からは大勢の警備員を引き連れての大移動だった。
 インドで行われた有料公演では最大規模だったと言われているパーパスツアーは、6万人も収容することができるDYパティルスタジアムで開催され、無事に幕を下ろした。

画像1: ジャスティン・ビーバー、インドで警備に囲まれながら空港から移動
画像2: ジャスティン・ビーバー、インドで警備に囲まれながら空港から移動
画像3: ジャスティン・ビーバー、インドで警備に囲まれながら空港から移動

豪華メンバーとのコラボ曲

 インド公演が無事に終了したジャスティン、最近はリル・ウェインやクエヴォ、チャンス・ザ・ラッパーという錚々たるメンバーと一緒にDJキャレドの「アイム・ザ・ワン」という楽曲に参加。
 DJキャレドにとって初めてビルボードランキング初登場1位を獲得したこの楽曲は、ジャスティンが男性アーティスト初の称号を獲得するのも手助けした。

画像: 豪華メンバーとのコラボ曲

初登場1位は2回目

 ジャスティンは、「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン」でビルボードチャート初登場1位を獲得。そして今回「アイム・ザ・ワン」で再び初登場1位を獲得したことにより、計2回に記録を更新。
 このビルボードランキング初登場1位を2回獲得するという記録は、今まで男性アーティストは誰も達成しておらず、ジャスティンがはじめて。
 過去にビルボードランキング初登場1位を2回獲得したことがあるアーティストは、マライア・キャリーとブリトニー・スピアーズのみ。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.