シンガーのケイティ・ペリーが、「犬猿の仲」と言われるシンガーのテイラー・スウィフトとの不仲説の真相を初めて語った。

 人気シンガーのケイティ・ペリーいえば、同じくシンガーのテイラー・スウィフトと「犬猿の仲」であることで有名。テイラーのヒットシングル「バッド・ブラッド」はケイティのことを歌ったものだと言われており、ケイティもたびたびテイラーのことを匂わせるような発言をして、世間を騒がせてきた。

ケイティがテイラーとの不仲説のすべてを告白

 今回、米人気トーク番組『ザ・レイト・レイト・ショー』に出演したケイティが、テイラーとの不仲説の真相について暴露。テイラーに対するありのままの想いをぶちまけた。

画像1: ケイティがテイラーとの不仲説のすべてを告白

 「正直言って、最初にケンカを仕掛けてきたのは彼女(テイラー)よ。だから、彼女がこの状況に終止符を打つべきなの」

 「私は彼女と話そうとしたわ。でも彼女の方が私と話そうとしなかった。私はいつもちゃんと対応してきたわ。でも彼女は私のことを完全にシャットアウトして、私についての曲を書いたの。だから私も、『オーケー。だったらいいわ。これがあなたのやり方なのね。バチが当たるわよ!』ってなっちゃったの」

 ケイティは、テイラーが話し合いに応じてくれなかったことが、事態を悪化させる一因になったと主張。さらにケイティはこの争いの行方についても言及した。

 「でもひとつ言いたいのは、私はこの不毛な闘いを終わりにしたいと思っているってこと。このせいで、何かするたびに世間が反応するの。本当よ。必ずリアクションが起こるの」

画像2: ケイティがテイラーとの不仲説のすべてを告白

 こう話し、長く続くテイラーとの争いを終わりにしたいと思っていることを明かしたケイティ。そんな彼女は続けて、女性同士が協力することの大切さについても訴えた。

 「女性は分裂するんじゃなくて、団結すべきだと思うわ。もちろんこんなクソみたいなケンカもなし。世の女性が団結すれば世界をいい方向に導けるはずよ」

 これまで何度かバトルが報じられてきたケイティとテイラーだけれど、果たして今回のケイティの訴えはテイラーに届くのだろうか? 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.